鼻水 透明と黄色の違い 粘性の鼻水が続いたら注意!

086185

鼻水が出るのは、不愉快なことですね。

どうにか止めたいけど、止まらない!

水みたいなサラサラした洟、ネバネバした洟、どんな違いがあるんでしょう?

スポンサードリンク

洟のいろいろ

鼻水にもいろいろありますね。

水のように、たら~っ、と出てくるもの。

ネバ~っと色付きで、鼻にへばりつくもの。

アレルギー性の洟には、この水のようなものが多いですね。

アレルギーも花粉症から、ハウスダスト、寒暖差から症状が出る「血管運動性鼻炎」まで様々です。

風邪のひき始めも、水のような鼻水が出ることが多いです。

アレルギー性の場合は、アレルギーが長引いてもずっと水っぽい洟が出ますが、風邪の場合は徐々にネバ~っとした洟に変わって行きます。

白血球がばい菌と戦って、結果ウィルスと戦った白血球の死骸や粘膜などが、このネバ~っとした洟を作りだすのです。

そう思うと、このネバ~っとした洟にも愛着が、湧きませんかね。。。

よくやった、と声をかけてあげようかなという気にはなりますね(ならない?)。

035282

ネバ~っとした洟が続いたら

今回はこのネバ~っとした洟について、もう少し見てみます。

風邪のひき始めには水のような洟が出て、徐々に粘性のある洟に変化していくことから、洟がネバネバしてきたら風邪が治ったと勘違いする人もいますが、それは違います。

上にも書きましたが、このネバネバと色は、白血球がウィルスと戦った残骸だったり、粘膜の一部だったりするわけなのです。ということは、白血球はまだ戦っているんですね。白血球が勝ったなら、もう洟も出てこないんですから。

なので、洟が出ているうちはまだまだ無理をしないで、ゆっくり休むことが肝心です。

また鼻の粘膜はとても傷つきやすいので、鼻をかむ時にはなるべくやさしくしてあげましょう。

乱暴にすると、ほら洟に血が混じったりしてしまいますよ。

洟が鼻にへばりついているのは、呼吸も苦しいし、気分的にも良いものではありません。

お勧めは「鼻うがい」です。

この「鼻うがい」、なかなかやっている人に会うことがないので、あまり広まっていないんでしょうか。

鼻から生理食塩水(鼻うがいセットに付いている液体)を流し入れて、口から出すというものです。

最初はなかなかうまく行かないし、海でおぼれたようになるし、抵抗がある人も多いと思いますが、絶対にやってみるべきです!

アレルギー性にせよ、風邪などにせよ、鼻に症状が来る人には必須アイテムです!

鼻を思いっきりかんでも、なかなか鼻は通るようにならないし、ネバ~っが鼻に残ってしまいます。

「鼻うがい」は最強ですよ!

私は「鼻うがい」なしの生活は考えられません。特に風邪のネバ~がたくさん取れた時には、すごく嬉しいです。こんな気持ちの良いもの、なかなかありません。

洟は飲み込んでしまったからと言って、直接害があるわけではありませんが、そもそもウィルスなどを体の中に入れないために出てくるものなので、なるべく飲み込みたくはありませんね。

無理に洟をかむと、耳が痛くなったりすることもありますね。

粘性のある洟をたくさん飲みこんでしまうと、口臭の原因になるそうです。

「鼻うがい」は生理食塩水で洗い流す感じなので、鼻の粘膜を傷つけることもありません。


スポンサードリンク

急性副鼻腔炎に注意

鼻を構成する鼻腔と副鼻腔のうちの、副鼻腔が炎症を起こす病気です。

風邪に引き続いて細菌が副鼻腔に感染して起こります。細菌が副鼻腔で繁殖して炎症を起こし、副鼻腔内に膿がたまるのです。

黄色や緑色の鼻水が続くなら、そしてそれが匂うようなら要注意です。その上顔や額に痛みがあれば、急性副鼻腔炎が疑いが濃厚です。

重症化すると厄介な病気です。

なるべく早く耳鼻咽喉科に行きましょう。

まとめ

たかが鼻水。されど鼻水。

洟の様子を見て、自分の体調を知りましょう。

もし変だったら、即病院へ!

重症化させないことが大切です。

そして、鼻うがい。

アレルギーの記事でも書いていますが、「鼻うがい推進委員会」でも設立しようかと思うくらいお勧めですよ!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.