デング熱の流行地域は?感染経路は?症状は?感染予防は?ワクチンは?

mushi_ka

2014年に日本国内での感染者が出たことで注目を浴びた「デング熱」ですが、海外で感染して国内で発症する患者は、毎年200人前後確認されています。

「デング熱」とはどんな病気で、何に気を付ければよいのでしょうか?

スポンサードリンク

デング熱の流行地域は?

熱帯・亜熱帯の国・地域であれば、ほとんどが流行地域と言えるでしょう。

ただ、年によって流行の度合いは違うので、熱帯・亜熱帯地域に旅行する際には、厚生労働省のHPなどで、情報を収集すると安心ですね。

ただ2014年の日本のように、通常流行地域とされていない国・地域でも、海外で感染した人が帰国してから蚊に刺されてその蚊を経由して他の人に感染する、ということがまれに起こります。

流行国・地域でない場合には、「デング熱」を強力に媒介する種類の蚊がいないこと、媒介する可能性のある蚊も寒い時期に入ると死んでしまうので、大きな流行にはならないようです。

蚊は通常卵で越冬しますが、越冬した卵からウィルスが検出されたことはありません。

これが2014年に日本で騒ぎになった「デング熱」が、2015年には問題にならなかった理由ですね。

Print

感染経路は?症状は?

「デング熱」は、蚊を媒介として感染します。

逆に言えば、蚊に刺されなければ感染することはないということです。

「飛沫感染」とか「接触感染」はありません。

潜伏期間は2~14日で、たいていは7日以内に発症します。

突然の高熱で発症することが多く、頭痛、網膜充血、顔面紅潮に続き、全身症状‐筋肉や関節の痛み、倦怠感などに移行します。

発症後3~4日で現れる発疹が、デング熱の特異な症状と言われています。

症状は1週間程度で治まって、急激に回復に向かいます。

ただまれに、重症化する場合があります。

実は私がこの記事を書いているのは、重症化した人を知っているためです。

2014年の日本での発生の時に、「デング熱」はあまり心配するような感染症ではないと言われ、幸いなことに実際重症化した人はいませんでした。

私の知り合いは、インドネシアで感染して帰国してから(日本人ではありません)発症し、デング出血熱に移行してしまったようで、生命が危ぶまれる状態になりました(血漿漏出に伴うショックと出血傾向を主な症状とする致死的病態が出現、と表現されます。こわいでしょ)。

幸い回復し、今は元気にしています。

この「デング熱」は2回目以降の感染で、重症化する確率が格段に高まります。

暖かい地域への旅行が好きな人は、絶対に気を付けるべきです。


スポンサードリンク

デング熱に感染しないために

デング熱の予防は、「蚊に刺されないようにする」ことです。

日本で認可されているデング熱のワクチンなどはありませんので、事前に予防注射などをするのは不可能なのです。

蚊は、湿度の高い場所が好きですし、夕方に活動が活発になります。

神経質になって、真昼間の海岸に行くのに蚊よけスプレーをつける、などという必要はありません。

ホテルで蚊について、聞いても良いでしょう。「今日のお天気なら蚊は出ないだろう」など、現地の人はよくわかっているものです。

蚊が媒介する感染症は「デング熱」だけではありません。アフリカなどなら、蚊に刺されないようにする主な理由は「マラリア」予防になります。

「蚊に刺されないようにする」方法は、日本でも海外でも同じですね。

*肌の露出を少なくする。

*網戸がしっかりついているような宿泊施設を選ぶ。

*蚊取り線香などを利用する。

*虫(蚊)よけスプレーやクリームを使う。
  日焼け止めと併用する場合には、先に日焼け止めクリームをつけてから、虫よけ剤を使います。

*ベビーカーには蚊帳をつける。

デング熱のワクチンが発売される!

  (2016.1.2 追記)

何とこの記事を書いてから、デング熱のワクチンが開発されて、3ヶ国(メキシコ、ブラジル、フィリピン)で認可されたというニュースが入ってきました。

日本では認可されていないので使えませんが、朗報ですね。

100%の効果はないようですが、デング出血熱には相当な効果があるようです。

この薬がデング熱流行地域に流通して、貧しい人達もその恩恵が受けられると良いですね。

世界初のデング熱ワクチン、メキシコで認可

First Dengue Fever Vaccine Gets Green Light in Three Countries
英語ですが、こちらの方が詳しいです。

まとめ

脅かすつもりはありません。

あまり神経質になって、楽しい旅行が台無しになっても困ります。

そう言えば「蚊には絶対刺されないぞ」と万全の態勢で出かけたはずのケニア旅行で、まだ蚊よけクリームを塗る前、空港の入国手続きの前に、最初の蚊攻撃を受けたっけ(何にも感染しませんでした)。

ある程度の予防準備はしてから旅行に行ってくださいね。

そして、現地で、帰国してから、熱が出ていつもと様子が違う、と思ったらすぐに病院に行きましょう。その時には、いつからいつまでどこに滞在したかを、きちんと説明することが肝心です。

私は暖かい所への旅行が大好きです。

蚊取り線香必携!蚊よけクリーム必携!です。

厚生労働省検疫所 デング熱

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.