ボジョレーヌーボー2015の解禁日は?どんなワイン?保存は?

fruit_grape

秋も深まってくると、待っていました!、ボジョレーヌーボーの季節です。

2015年のボジョレーヌーボーの解禁日は11月19日です。

ところでボジョレーヌーボーって、どんなワインなんでしょう?
どうしてこんなに人気があるんでしょう?

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの2015年の解禁日は11月19日

ボジョレーヌーボーの2015年の解禁日は、11月19日です。

解禁日?。。っていうことは、それまでは「禁止」されているっていうことですね。

このボジョレーヌーボー、毎年11月の第3木曜日に、一般への販売が解禁されます。これはフランスのワイン法で定められているだけなのですが、フランス以外の国でもそれに準じているんですね。

日本は時差の関係で、世界で一番早く解禁日を迎える=世界で一番早くボジョレーヌーボーが飲める国なのです。

解禁日が設けられたのは、メーカーが競い合ってどこよりも早くボジョレーヌーボーを出荷しようとしたため、品質が落ちてしまった(まだ出来あがっていない状態のものを出荷してしまった)からだそうです。

でも、この「解禁日」というのは、ボジョレーヌーボーの人気に、一役買っていますよね。

ボジョレーヌーボーってどんなワイン?人気の秘密は?

「ボジョレー」はフランスのボジョレー地方のこと、「ヌーボー」は「ヌヴォ―」と書くのが一番実際の発音に近いのですが、フランス語で「新しい」という意味です。

要は、ボジョレー地方の新しいワイン、ということです。その年のブドウを収穫してすぐに醸造してビン詰めしたもの、つまり普通のワインのように熟成していないものです。

スポンサードリンク

ボジョレーワインの99%は赤ワインなので、ボジョレーヌーボーには「赤」しかありません。

もともとはワイン業者向けに、その年のワインの出来を試飲してもらうために作っていたものが、一般にも売られるようになりました。

もちろん地元フランスでもこの日は「ボジョレーヌーボー解禁日」としてイベント化していますが、ご存知のように日本でもたくさんの人がこの日を待ちわびています。

どうしてこんなに日本でも人気があるんでしょう?

先にも書きましたが、「解禁日」を設けたことがひとつでしょう。待たされると欲しくなる、でしょ?

それと日本人の「新し物好き」にぴったりのイベントなのかなと思います。それに加えて、「世界でいち早く味わえる」というのが、更に新し物好きの心をくすぐるのでしょう。イベント(お祭り)好きでもありますしね。

sozai_8798

ボジョレーヌーボーはどれくらい保存できるの?

ボジョレーヌーボーは、先にも説明したように「熟成」されたワインではありません。

普通のワインなら、保管している間にも熟成されて味が良くなっていきますが、ボジョレーヌーボーの場合は、味が劣化していきます。

ボジョレーヌーボーは購入したら、なるべく早く飲みましょう。せいぜい保管するとしても、年内いっぱいくらいです。

まとめ

11月19日に解禁されるボジョレーヌーボー。

今年は誰と、どんなふうに飲みましょうか?

一年に一回のイベントです。

楽しく味わいたいですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.