小学校入学 筆箱のタイプや大きさは?キャラクター物でも大丈夫?

138887

小学校に入学する準備、大変ですよね。いろいろと揃えなくてはなりません。

その中で「筆箱」はとても重要なアイテムになります。

どんな筆箱を選んだら良いのでしょうか。

スポンサードリンク

筆箱のタイプは?

小学校で初めて使う筆箱ということは、もちろん幼稚園/保育園を出たばかりの小さな子が使うわけですね。

まだまだ自分でできることが限られ、手先も器用には使えないでしょう。

というわけで、 上下開けられるプラスチック製の大きい筆箱を選びましょう。フタに磁石が付いていて、開閉が簡単にできるものです。

この手の筆箱は、キャラクターが書いてあったり、いろいろな装飾がしてあって賑やかで、かわいらしいものが多いです。

ふたを開けると鉛筆が数本とボールペンやシャーペン、色鉛筆が何本か、後は消しゴムと定規が入るようになっています。鉛筆削りが付いているものもありますね。

入れられるものが決まっているので、子供はきちんと管理するということを学ぶこともできるんですね。

1年も使っているとだいたいどこか壊れてくるので、そんなに値が張るものはやめて、キャラクター物でも流行りの柄でも、子供が気に入ったものを買ってあげれば良いと思います。

筆箱は度々買い替えることになりますが、この両面開きの磁石付き箱型は最初の2~3年のことが多く、3年生くらいになるとだんだんファスナー付きの布製の筆箱や、缶製のものを持つ子が増えて行きます。

その頃には筆箱の中身も自分でうまく管理できようになって、両面開きのものは子供っぽく感じられるようになるようですね。

筆箱の大きさは?

何を入れるかを考えて大きさを決めましょう。

気に入ったキャラクターやデザインのものでも、入れようと思ったものが入らないようなことがあっては困りますね。

特に学校指定の文具が決まっている場合、それがちゃんと収まる大きさであるかどうかをきちんと確かめましょう。

鉛筆にキャップをかぶせたいと思っているなら(小学校の低学年では柔らかい鉛筆を使うことが多いので、キャップをかぶせると周りのものが汚れるのを防げます)、キャップをかぶせた長さの鉛筆が入る大きさでないといけないですね。

ちょっとだけ定規が長かったりしても、その「ちょっとだけ」のために、筆箱に必要なものが収まらないことになってしまいます。


スポンサードリンク

筆箱を買う前に確認すること

ということで、筆箱を買いに行きたいところですが、ちょっと待ってくださいね。

まず最初に確認しなければいけないことがあるんです。「学校の方針」です。

入学が近付いて来て、なるべく早く準備をしてしまいたい気持ちはわかるのですが、まずは学校の説明会が終わるまで待ちましょう。

というのは、学校によってはいろいろと規制(規則)があるのです。

私立校ならもちろん、公立校でも規制があることがあるし、同じ学校でも学年によって(先生によって?)違ったりするんです。

近所の先輩ママさんに話しを聞いても、だいたいのところはわかるかもしれませんが、もしかすると「今年だけ違う」かもしれません。

規制は、たとえば缶製は落とすと音が大きいからダメとか、キャラクター物はダメとか、無地のものしかダメとか、いろいろあるようですよ。

まとめ

筆箱ひとつをとっても、買うまでにいろいろと確認しなければならないことがありますね。

入学前は本当に気を使います。

でも、とにかく「学校の方針」ありきです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.