ひな祭りの菱形押し寿司を牛乳パックで作ってみた!簡単で美味しい!

牛乳パックで作るひな祭り菱形押し寿司

ひな祭りのホームパーティーに是非登場させたい、菱餅風の押し寿司を作ってみました。

菱形にするのに、牛乳パックを使った型を使いました。

簡単でしたよ!

スポンサードリンク

菱形押し寿司の下準備

押し寿司と書きましたが、今回はすし飯は使っていません。普通に炊いたご飯です。

下の段から、緑色、白、ピンクのごはん、その上にいり卵を載せます。

まずは、ごはんを菱形にするための「型」を作ります。

牛乳パックを7cm位に切ったものです。洗って水気を取っておきます。1リットルのパックから、ふたつ作れます。

hishigatapack

普通に白いご飯を炊きます。

緑色の部分は、おにぎり用の青菜のふりかけを使いました。青のりでもきれいな色が出ますね。

鮭(今回は生鮭に塩をふったものを使いましたが、塩鮭でも、サケフレークでも良いと思います)を焼いてほぐして、ごはんに混ぜます。

sakegohann

卵を溶いて、塩、砂糖、コショウを入れて、いり卵を作ります。私は通常白砂糖は使わないのですが、今回は黄色をきれいに出すために、白いお砂糖を使いました。

菱形の牛乳パックに詰めて行きます

牛乳パックの型をお皿の上に置いて、ごはんを順に詰めて行きます。

最初に緑色の、青菜ふりかけを混ぜたごはんを詰めます。均等に平らに詰めますが、ぎゅうぎゅうにする必要はありません。軽く押さえる程度ですが、ごはんの間に隙間があると、牛乳パックをはずす時に崩れてしまいます。

牛乳パックをきれいな菱形に整えます。ご飯をたくさん詰めてからでは型を動かせなくなるので、一段目のご飯を詰めた後位に整えるのが良いと思います。

次に今回はただの白いご飯にしましたが、白ごまと塩を混ぜても良いかなと思いました。

その上に、鮭を混ぜたごはんを詰めます。

hishigata1

その上に、いり卵を載せます。

hishigata2


スポンサードリンク

菱形押し寿司の出来上がり!

牛乳パックを切って、型をはずします(スポッと抜くのは難しいと思います)。

牛乳パックはツルツルなので、ごはんがほとんどくっつきません。優秀、優秀。

今回は、いり卵の上に、さやえんどうをゆでたものを飾りました。小さいエビなどを飾ると、豪華になりますね。

hishigata3

3段の層はこんな感じです。

038221

まとめ

これがあれば、それだけでテーブルが華やかになりますね。

簡単なので、今度のひなまつりにはぜひ作ってみてくださいね。

ひな祭りのお寿司 菱形に作るには?ケーキのようにするには?

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.