髪の日焼けを防ぐ方法と日焼けしてしまった時の対処法

226443

強い日差しの下にいると、当然肌は日焼けしますが、髪も日焼けするんです。

そういえば、夏になると髪がパサパサになったり、つやがなくなったりしますよね。

髪の日焼け対策を考えてみました。

スポンサードリンク

髪の日焼けを防ぐ方法

髪の日焼けを防ぐためにはどうしたら良いでしょうか?

1.帽子をかぶるか日傘をさす

頭皮の日焼けを防ぐ方法と共通します。

帽子は頭皮も髪の両方を、日光から守ってくれます。ただつばの大きな帽子でないと、髪全部を影で覆ってくれません。髪が長いとつばが大きくても、なかなか難しいですね。

その点、日傘は優秀です。髪が長くても、まずほとんど全部を覆って守ってくれます。

髪が長いなら、日傘が一番!

帽子も日傘もなくて髪が長いなら、まとめて太陽に当たる面積をできるだけ少なくします。これだけでもかなり違いますよ。

2.日焼け止め、UVケア剤を使う

帽子も日傘も使えない状況なら、日焼け止めを使うことを考えてみましょう。

ただし肌用の日焼け止めクリームやスプレーが、髪にも有効なのかどうかは一概には言えません。日焼け止めクリーム自体が、髪に良くない場合があるからです。

日焼け止めクリームが自分の肌に合うかテストするのと同じで、髪にも付けてみて様子を見てみましょう。

髪をコーティングして紫外線から髪を守ってくれると謳われている、UV効果のあるトリートメントやスタイリング剤も商品によって様々です。日焼け止めクリームやスプレー同様、慎重に選んでテストをしてから使いましょう。

髪を長時間守ってくれる商品は、頭皮にはあまり良くないかもしれませんし、洗っても落ちにくいことも多いですね。

002222

髪が日焼けすると何がいけないの?

髪が日焼けすると、水分が抜けてパサパサになり、色が抜けてきます。キューティクルが壊れて、つやのある髪からは程遠い状態に・・・

こうなってしまうと、修復するのは不可能です。髪は生きている組織ではないんですね。だから修復機能もないんです。

だからこそ、そうなる前に対策をすることが重要になるわけです。

それと、髪が日焼けして痛むことより、もっと気を付けなければいけないのは「頭皮」の日焼けです。頭皮は生きている組織ですし、これからの髪を作る重要な部分でもあるからです。

頭皮の日焼けを防ぐ方法と日焼けしてしまった時の対策

********


スポンサードリンク

髪が日焼けしてしまったら

できることは、これ以上痛まないようにすることです。

傷んだ髪用に、いろいろなトリートメントが出ていますが、もちろん使わないよりは使ったほうが良いのですが、修復ということから見れば、あまり効果はないということです。

オリーブオイルを使って保湿をする方法を3つ、ご紹介します。

*シャンプー → リンス → オリーブオイルをつけて1分 → 洗い流す → リンス

 これはうまく行かないと髪がベタベタになってしまいます・・・
 
*オリーブオイルを付けて5分 → シャンプー

*シャンプ― → リンス → オリーブオイルを2~3滴落としたお湯ですすぐ

どれが合うかは人に依ると思います。自分に合った方法を見つけてくださいね。オリーブオイルは食用の、もちろんオリーブオイル以外のものが入っていないもの、でOKです。

そして、あまりにパサパサになってどうしようもないなら、思い切って切ってしまうというのも良いかもしれませんね。

まとめ

肌の日焼けには気を使っても、忘れがちな髪の日焼け。

パサパサになってからあわてないように、事前に対策を考えておきたいものですね。

このページがお役に立てたらうれしいです。

頭皮の日焼けを防ぐ方法と日焼けしてしまった時の対策

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.