与一まつりはいつ?アクセスは?駐車場は?見どころは?

sozai_9552

栃木県北部にある大田原市で、毎夏催される「与一まつり」、たくさんの人で賑わいます。

武者行列、子供神輿、流し踊り・・・と盛りだくさん。

お祭りの概要、アクセス、駐車場などについてお伝えします。

スポンサードリンク

与一まつりの開催はいつ?アクセスは?

「与一まつり」は、毎年、8月の第1金曜日と土曜日に開催されます。
 (2017年は8月4日と5日)

大田原の市街地、金燈籠交差点がメイン会場になります。

最近は中心地から少し外れた場所にたくさんのお店が建ち、この金燈籠交差点のあたりはちょっと寂しいのですが、この2日間ばかりは昔の賑わいが戻ってきたように(いえそれ以上に)なります。

アクセス: 
*JR東北本線「西那須野駅」から東野バス約10分「稲荷前」
*JR東北本線「那須塩原駅」から大田原市営バス約20分「旧日赤前」

*シャトルバスも運行されますので、近郊の方は要チェックです。

駐車場、交通規制、バス案内

※浴衣やはっぴなどを着ている方、与 一まつりに参加する方は、市営バス料金が無料になります。

sozai_9944S

与一まつりの駐車場は?

与一まつりの時には、公園や学校の校庭などが駐車場として開放されます。

*会場まで歩いて行ける駐車場です。

・大田原小学校(会場に一番近く、最大の駐車場で、ここからはお祭りの会場まで歩いてすぐです)

・光真寺

・旧トライアル駐車場

・旧日赤職員駐車場

*市街地から少し離れた数ヶ所に駐車場が設けられます。歩けないこともない、というところもありますが、基本的にお祭り会場までバス利用となります。

・美原公園(市街地までシャトルバスが出ます)

・JAなすの大田原支店(シャトルバスが大田原小学校まで出ます。駐車場から会場まで歩ける距離ですが、中心地の金燈籠交差点まではかなりあります)。

・TBC学院

・市役所

・旧日赤職員駐車場

*お祭り当日は時間が遅くなるほど混雑しますので、便利な駐車場に停めたい方は早い時間に出かけましょう。

駐車場、交通規制、バス案内


スポンサードリンク

与一まつりの見どころは?

昼間のメインは何と言っても「武者行列」でしょう。

現職市長が鎧兜を身にまとい(炎天下)、那須与一公に扮します。金燈籠交差点で「出陣式」を行い(お餅つきなどあって面白いですよ)、与一公に続いて約400人が行列に参加します。

武者行列にはたくさんの子供たちも参加しているので、行列と一緒に保護者も移動して行く、という光景が見られますよ。

これ、本当に暑い日だと大変です(見てる方もだけれど、行列はみなさんその当時の装束を身に付けていますからね)。

私のお勧めは「与一太鼓」です。歴史はそんなに長くないのですが、すばらしいですよ。年々パワーアップしている気がします。

かわいらしいのは「子供神輿」です。手作り感いっぱいです。

そうそう、忘れてはいけないサービスが、このお祭りにはあるんです。

お祭り会場のそこここに設けられた「休憩所」です。ここでは無料で冷たいお水や麦茶をふるまってくれるんです。ありがたいですね。

もちろん屋台もたくさん出ますよ。

そして、ご当地キャラクターの「与一くん」。なかなかかわいく、人気があるんです。お祭り会場では子供たちに囲まれ、撮影会で忙しそう。

「与一くん」は自分のブログまで持っているんですよ。

与一くん ブログ

もしかするとこんなものも楽しめるかもしれません。

那須のマルパカちゃんの踊り♪

暗くなってきたら「流し踊り」の時間です。

たくさんの団体や企業の方々が参加して、おそろいのTシャツや法被を着てお祭り会場を踊り流します。

そして踊りが終わると、「花火」です。10分くらいのかわいい、他の花火大会などとは比べ物にならない小さなものですが、それでも「あ~、夏祭りだ~!」という気分になって良いものですね。

問い合わせ:与一まつり実行委員会事務局(商工観光課内) 電話:0287 23 8709

まとめ

大田原は那須連山に近いので、夏の夕方と言えば「夕立」です。ザ~ッとくる可能性は結構高いと思います。

昼間はかなり暑くなると思うので、帽子などをかぶって、水分補給もお忘れなく。

浴衣や法被を着て行くと市営バスに無料で乗れますし、気分も盛り上がるというものです。見物客もお祭りの重要な登場人物ですからね。

与一まつり、楽しんできてくださいね!

大田原市Facebook (雨天の場合の開催状況などの確認はここで)

大田原市サイト

与一まつり

大田原市観光協会

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.