ドイツのクリスマスマーケットの時期は?有名なのは?行くのに注意点は?

sozai_20774
ドイツのクリスマスと言えば、有名なのはクリスマスマーケットです。ドイツ語で「Weihnachtsmarkt」(ヴァイナハツマルクト)です。

ドイツの町ではどこでも、大なり小なり、クリスマスの前になるとクリスマス市が立ちます。

北国ドイツでは、冬は日が短く寒く、お天気が悪いことが多いのです。その暗いドイツを、クリスマスまでの約ひと月、明るく照らしてくれるのが、クリスマスマーケットです。

スポンサードリンク

ドイツのクリスマスマーケットのいつから?名物は?

有名なドイツのクリスマスマーケットですが、現在のようなクリスマスの飾りや芸術品、食べ物などが売られるようになったのは19世紀に入ってからのことだそうです。

ドイツのクリスマスマーケットの期間は、場所によって多少違うのですが、大抵は11月末からクリスマスイブまでです。クリスマスイブは、お昼くらいから片付けが始まってしまうことが多いです。

クリスマスイブからクリスマスにかけては、公共交通機関(遠距離を省く)もストップしてしまいます。レストランも大抵閉まってしまいます。それくらいクリスマスはドイツ人にとっては、大切な日なのですね。

11月の末になると、街中にある広場(市庁舎の前など、ドイツには広場がたくさんあります)を中心として、繁華街の道路に沿って、小さなかわいい小屋が立ち並びます。

クリスマスマーケットではいろいろなものが売っていますが、見ていて楽しいのはクリスマスの飾りです。木で作ったぬくもりのあるもの、キラキラ光るもの、いろいろな種類のスノーボール、蜂のろうで作ったキャンドル。。。

飲み物や食べ物の小屋もたくさん出ます。

代表的なのが暖かいワイン、グリューワインです。大抵は赤ワインですが、温めてハーブや果物を加えたもので、甘くておいしいです(もっともお酒が好きな人には、甘すぎるらしいですが)。

WM2

お店によっていろいろな形のカップがあって、町の名前や年号が入っているものが多く、持って帰る人がたくさんいます。グリューワインを買う時に、カップ代込の料金を払って、もし持って帰りたければそのまま持って帰れば良いし、もしいらなくてお店に返した場合はカップ代を返してくれます。

寒い中で飲むグリューワインは、それはおいしいものです。身体がぽかぽかになります。

食べ物としては、もちろんソーセージ(どこでもいつでもお祭りには付き物)、肉を焼いたもの、ラクレット(とかしたチーズをパンに載せたもの)、マッシュルームを炒めてソースをからめたもの、チーズの揚げ物、などなど。。。。。

クリスマスマーケットは独特の雰囲気があって、何も買わなくても見ているだけで楽しいのですが、グリューワインだけは飲まなくちゃね(アルコールフリーもあります)。

WM3

ドイツのクリスマスマーケットで有名なニュールンベルグ

ドイツの3大クリスマスマーケットと呼ばれているのは、ニュールンベルグとドレスデンとシュトゥットガルトです。他にもステキなクリスマスマーケットは各地にあるのですが、挙げればきりがないというところですね。

その中でも、一番有名なのはやはりニュールンベルグでしょう。

ここのクリスマスマーケットは「Weihnachtsmarkt」とは呼ばず、「Christkindlesmarkt 」と呼ばれます。Christkindというのは、「クリスマスツリーはいつからいつまで飾る?クリスマスが終わったら?」で触れていますが、クリスマスにプレゼントを持ってきてくれる天使です。

ニュールンベルグでは、若い女の子がこの「Christkind」になって、いろいろな行事に登場します。ニュールンベルグのChristkindlesmarkt のサイトで、この Christkindがマルクトの開会式でスピーチしているのが見られます。

Nürnberger Christkindlesmarkt

今年のニュールンベルグのChristkindlesmarktは、11月25日からです。

このサイトを見ると、ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気がわかっていただけるのではないかと思います。

最初のページの「Das Christkind eröffnet seinen Markt」の下にはめ込んであるビデオが、そのスピーチです。このビデオの下に「alle Videos」とありますが、これをクリックするとビデオのページに飛んで、マーケットの様子などが見られます。


スポンサードリンク

ドイツのクリスマスマーケットで注意すること

クリスマスマーケットは、やはり少し暗くなってから行くのが良いですね。昼間から開いていますが、雰囲気を味わうならやはり夜です。もっともドイツの冬は暗くなるのがとっても早いので普通の観光は時間が短くて困ってしまうことがありますが、クリスマスマーケットに行くにはOKですね。

そしてもちろんマーケットが混むのも夜になってからです。特に週末は人でいっぱいになります。人気のグリューワインのお店の前は通りぬけ出来ない、なんていうこともあります。

ここで気を付けなければいけないのは貴重品です。マーケットに行く時の荷物は最小限にして、身体にぴったり付けておきます。ポシェットならたすき掛けして、ポシェット部分が後ろに回らないようにして、できればポシェットはいつも手で押さえておくようにした方が良いと思います。お店で何かを見ている時など、注意が貴重品から逸れてしまうので気を付けましょう。リュックサックに貴重品を入れておくのは、もちろんNGです。

WM1

クリスマスマーケットでは、現金しか使えないことがほとんどです。カードは使えないと思ったほうが良いと思います。買い物もそうですが、公共交通機関の移動の時の運賃や、トイレのチップなど、ある程度小銭を持っていた方が便利です。大きい額の紙幣は持たない方が良いですね。大きな額の紙幣は、お店で受け付けないところもあると思います。

ドイツは冬はお天気が悪いことが多く、冷え込みます。冷え込まないとグリューワインがおいしくないので良いのですが、暖かくして行きましょう。マーケットは基本的に外で、テントが張ってあるところもありますが、雨や雪は防げても寒いです。足元も暖かくして行きましょう。歩き回ることになるので、歩きやすい暖かい靴を持って行ってくださいね。帽子と手袋は必携です。

たいていのドイツのクリスマスマーケットは12月24日の早い時間に閉まります。お店やレストランなども閉まってしまうところが多いです。地下鉄や路面電車、バスなどの交通機関も動かないところがあります。そして25,26日も祝日で普通のお店は開いていませんので、気を付けましょう。ホテルなどで事前に情報を収集しておくと安心ですね。

ドイツのクリスマスマーケットに行く!

それでは、いざ、ドイツのクリスマスマーケットへ!

クリスマスマーケット巡りのツアーなども出ているので、自力で行くのが不安なら参加すると良いと思います。ツアーに参加すれば、有名なところを効率よく回れますしね。

JALで行く! ヨーロッパクリスマス

こちらにもヨーロッパへのクリスマスツアーがたくさん!


まとめ

ドイツの暗い冬。でもそれだけに、クリスマスに時期はとても美しく楽しいものです。

是非本場のクリスマスマーケットに行って、楽しんできてください。

言葉がなかなか通じなくて苦労した、なんていうのも旅の楽しい思い出になりますね。

え?クリスマスマーケットのために海外旅行は、ちょっと・・・それなら、国内のクリスマスマーケットに行ってみましょう。それなりに雰囲気は味わえるのではないかと思いますよ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.