革靴のカビを除去する方法は?カビを防ぐには?靴箱で気を付けることは?

322591

靴箱から革靴を出してみて愕然!カビが生えてる!!!

そんな時、どうしたら良いのでしょうか?

またそんなことが起きないためにどうしたら良いか、調べてみました。

スポンサードリンク

革靴のカビを除去する方法

まず靴の状態を確認しましょう。カビが生えているのは外側だけですか?内側もですか?

*外側だけに白いカビが生えているくらいなら、大慌てする必要はありません。

カビが生えている靴は湿気を含んでいますので、まずは風通しの良い場所で陰干しをして乾かします。乾いたら濡らして硬く絞った柔らかな布でカビを拭き取ります。抗菌スプレー(革用のカビ取りスプレー)をしてそれが乾いたら、普通の靴クリームで磨きます。カビが外側だけなら、これで十分だと思います。

内側にカビが見えなくても、外側を濡れた布で拭くときに、せっかくなので内側も拭くと気持ちが良いですね。乾けばOKです。もちろん内側を拭く布は、外側に使ったのではない別の布にします。

靴用の抗菌スプレーが手に入らない場合は、消毒用エタノール でも良いのですが、革が変色してしまう恐れがありますので気を付けてください。

*カビでかなりダメージを受けている場合は、修復するのにもある程度時間がかかります。

まずはカビを死滅させます。残っているとまた繰り返し発生する可能性があるからです。まず抗菌スプレーを布に染み込ませて、丁寧に靴全体を拭きます。2回繰り返して、これでもかっていうくらいカビを徹底的にふき取ります。それから風通しの良い場所(屋外)で数日間乾かします。

それから丁寧に靴の手入れをします。少なくともクリーナーで拭いてから、靴クリームを縫い目などにも丁寧にブラシで広げ、それから乾いた布で磨きます。

*靴を丸のまま洗ってしまいたい!

その気持ち、わかります。でも革ですからね・・・ところがあるんですね、丸洗いとまでは行きませんが、それに近いことができるんです。サドルソープやスエードシャンプー(皮革専用洗剤)を使う方法です。

この場合もまずはカビを死滅させる処理をしてからにします。使い方は製品の説明に従ってくださいね。大切なのはソープやシャンプーをしてから水分を良く拭きとること、そして十分に乾くまで陰干しすることです。

注意:カビ取りの処理は出来れば外で行いましょう。カビが飛び散るのと、エタノールなどを使うためです。また、カビを拭き取る布はたくさん用意しておいて、どんどんきれいな布を使ってふき取るようにします。カビのついた布でいくら拭いてもきれいにはなりません。逆に広がってしまう可能性もあるからです。

290323

革靴にカビを防ぐ方法は?

とにかく靴をきれいに手入れすること。一番大切なのはこれです。

泥が付いたままなどにしないこと。汚れたらすぐにふき取ってきれいすることです。靴クリームでの普段のお手入れも、とても大切です。

靴が濡れてしまった時には、なるべく早く新聞紙をクシャクシャにして靴の中に入れ、水分を吸わせます。もちろん外側もタオルなどできれいに拭きます。新聞紙が水分を吸い取ったら、新しい新聞紙に換えます。そして翌日から陰干しをして乾かします。濡れたまま放っておくのが、カビには一番悪いですね。

靴は一日はいていると、足からかなり湿気を吸収しているので、できれば続けてはかないようにした方が良いですね。その日にはいた靴はすぐに靴箱に入れずに、内側が乾くまで待った方が良いでしょう。

しばらく履かないような場合には、抗菌スプレーをかけておくと安心ですね。


スポンサードリンク

靴箱で気を付けることは?

*カビが靴箱の中で発生した場合、靴箱自体を一度消毒したほうが良いでしょう。カビは「菌」なので、残っているとまた発生してしまうからです。靴を全部出して、エタノールなどで全体をきれいに拭きます。そして靴箱が湿っている感じがしたら、外に出して日陰で乾燥させるか、できなければ数日間扉を開け放しておきましょう。

*靴はホコリなどを払ってきれいにしてから、靴箱に入れるようにします。もちろん濡れたまま入れたりしてはいけません。

*靴箱の扉はなるべく開けておくようにします。玄関にあることが多いでしょうから、昼間は誰かが来た時に見苦しいと感じるなら、夜の間は空けておくなどすると良いですね。梅雨の時期など雨が続いている時には、晴れて空気が乾燥している日を見計らって扉を開けて空気を入れ替えましょう。

まとめ

カビは一度生えるとしつこいし、他の靴にまで伝染してしまったりします。

日頃からきちんと手入れをして、そんなことが起きないようにしたいものですね。

濡れた傘 電車に乗る時はどうする?水気の払い方は?収納に便利な袋は?

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.