京都の夏のライトアップ 駅から近いお寺で夕涼み

sozai_12013

四季折々の表情を見せてくれる古都「京都」。

夏にもライトアップと夜間拝観で、夜も美しい風景を演出してくれます。

京都駅から近くて行きやすい、ライトアップするお寺をふたつご紹介します。

スポンサードリンク

清水寺 千日詣り 

朝の6時から開門する清水寺。静かに心を落ち着けたいなら、人が少ない早朝はお勧めですが、年3回行われる夜間拝観は、清水寺の別の顔を見せてくれます。

青い一筋のライトが「観音様の慈悲の光」と言われるライトアップは、とても幻想的です。

千日詣りとは、一日で千日分のご利益があると言われる観音様の功徳日ということです。清少納言や紫式部も詣ったのだそうですよ。

夏の夜間拝観(千日詣り/本堂内々陣特別拝観)
2017年8月14日~16日
18:30(開門)~21:00(受付終了)

住所:京都市東山区清水1丁目294
電話:075-551-1234

アクセス:
境内に駐車場はありませんが、近くに市営、民間の駐車場がいくつかあります。

清水寺に行くにはバスに乗るのが一番です。

JR京都駅から
市バス:206系統(東山通北大路バスターミナル行)、100系統清水寺祇園 銀閣寺行
 五条坂下車、徒歩10分

京都バス(土・休日運行)18系統(大原行)
 東山五条下車、徒歩10分


スポンサードリンク

高台寺 七夕会と燈明会

豊臣秀吉の妻「ねね」が、秀吉を弔うために開いた、どこか女性的なやさしさが感じられるお寺です。桃山時代の蒔絵を多数蔵していることで有名ですが、ふたつの池を配置した庭園も美しいです。

七夕会 夜間特別拝観/ 七夕茶会(雲居庵)
2016年7月2日(土)と7月3日(日)

たくさんの大きな竹に、近所の子供たちが書いた短冊や、インターネットで送られてきた願い事が書かれた短冊が飾られ、風になびきます。七夕飾りが大きな吹き流しではなく、色とりどりの短冊なのが風流な感じがします。夜間特別拝観とライトアップも行われます。

夏の夜間特別拝観(燈明会 とうみょうえ)
2017年8月1日(火)〜8月18日(金)
日没後点灯〜22:00 (21:30受付終了)

落ち着いた趣のある高台寺のライトアップは、たくさんの提灯が使われ、光の量は控えめで暗めで幻想的です。

お寺自体をゆっくり見たければ昼間(明るい時)に参拝し、別の雰囲気を味わうために夜にも行ってみる、というのが良いかもしれません。

住所:京都府京都市東山区高台寺下河原町526
電話:075-561-9966

アクセス:
24時間営業の有料駐車場があります。
(東山での観光一般に便利な場所にある駐車場です)
 電話:倒変木高台寺駐車場 075-541-8974

京都駅からバスが便利です。
市バス:206系統(東山通北大路バスターミナル行)、100系統清水寺祇園 銀閣寺行
「東山安井」下車、徒歩5分

まとめ

京都のライトアップ/イルミネーションと言えば「京の七夕」があります。

京都の夏のイルミネーション 京の七夕で楽しみながら夕涼み

情緒のあるライトアップに行って、少し涼しくなった京都の夜の空気を存分に吸ってきてください。

せっかくなら浴衣を着て、繰り出すのはいかかでしょうか?

京都には着物や浴衣のレンタル店もたくさんあります。

京都貴船神社の七夕ライトアップは神秘的 縁結びの神社へのアクセス

京都の初夏のライトアップ あじさいが光に浮かび上がる三室戸寺

なら燈花会 雨の時は?開催中止情報は?夜間拝観開館情報

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.