爪水虫の症状は?治療法は?爪白癬以外に爪の異常は?

213225

爪の水虫?水虫というと足の指の間がグジュグジュになるのが典型ですが、同じ白癬菌が爪に入り込んで起こす「爪白癬」を「爪水虫」とも言います。

どんな症状で、どのように治療するのでしょうか?

スポンサードリンク

爪水虫の症状は?

足の爪が白く(または黄色がかった白)濁ってきたら、危険信号です!

ちなみに10人に1人が爪水虫だという統計もあって、全然珍しい病気ではないんですね。

爪水虫があれば普通の水虫も持っているのが普通で、普通の水虫がひどくなって白癬菌が爪にまで入り込んでしまった、というケースが多いようです。

足の爪が白っぽく濁ってきて、分厚くなってもろくなってボロボロと崩れたりするようになってきたら、かなり進行しています。

爪が分厚くなって指の皮膚との間の隙間が広くなって、爪が浮いているような感じになることもあります。爪と指の間に、白いものが挟まっているように見えることもあります。

爪白癬自体は通常、痛くも痒くもありません。でも爪が変形してしまうことで、靴を履いた時に圧迫されたりして痛みを感じることがあります。

188663

爪水虫の治療は?

どんな病気も早期治療が良いに決まっていますので、爪が白っぽくなってきた段階で診てもらうのが一番ですね。この爪白癬は自然治癒するということはまずありません。ひどくなる前に治療を始める方が良いですね。

理想は白癬菌が爪に入り込む前、まだ指の間などの足裏の水虫の時に治しておくことです。この段階なら、薬局で買える塗り薬だけでも治癒できるからです。

爪白癬は塗り薬だけでは治らないことが多く、内服薬が処方されることがほとんどです。また服用期間が長くなる傾向にあり、強い薬なために肝臓への影響などもあるんです。

水虫は普通の足白癬の場合もそうですが、治ったと思ってもしばらくは投薬を続けないと、たいてい再発してしまいます。もし良くなってきたように見えても、医師からやめても良いと言われるまでは続けましょう。

水虫にはたくさん民間治療法が知られていますが、爪水虫になってしまったらまず皮膚科で処方される薬を使う以外の方法での完治は難しいように思います。薬局で売っている水虫薬は、「足白癬」用ですので爪水虫には効果は望めないと思います。

ただひとつだけ爪水虫用のジェルが発売されています。薬局ではなくネットでしか購入できないのですが、口コミなどを見るとかなりの効果が望めるようです。爪水虫の飲み薬は長く飲み続けなければならないので、抵抗のある方もいると思いますが、これは塗り薬なのでその点でも安心です。ただし相手はしつこい水虫です。やはり長期間使用しないと効果は感じられないようですので、根気よく続けることが肝心ですね。

爪の異常 他に原因は?

爪の異常の原因は、白癬菌だけではありません。

爪水虫と間違えやすいのは、きつい靴を履き続けたりして爪が圧迫されて変形してしまった場合です。深爪はトラブルの元ですね。巻き爪は深爪が原因のことが多いのです。

ペティキュアや除光液が原因で爪が痛んでしまうこともあります。食生活の偏りでも爪に影響が出ることがあります。

また糖尿病や肝臓系の疾患で爪の表面や色に異常が見られることがありますので、爪に異常がある場合にはきちんと診てもらった方が安心ですね。

爪白癬かどうかは、皮膚科で顕微鏡検査をしてもらえばすぐにわかります。皮膚科で「たぶん水虫かなあ。とりあえず薬出しときます」などと検査もしないで薬を処方するようなら、他の皮膚科に行きましょう。

まとめ

爪の変色や変形だけだとあまり考え付きませんが、原因が「白癬菌」であるということは、普通の足水虫と同じで他の人にうつしてしまう可能性が大きいんです。

大切な家族のためにも、早めに治療をして治してしまいましょう。

爪水虫も、感染経路や水虫が好む環境などは、足水虫と同じです。下記の記事も参考にしてみてください。

水虫の予防 感染場所は?足の手入れは?靴の管理は?

水虫を家庭内でうつさないためにお風呂は?洗濯は?掃除は?手洗いは?

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.