京都の夏のイルミネーション 京の七夕で楽しみながら夕涼み

sozai_27571

夏に京都でイルミネーションを見たいなら、やはり「京の七夕」でしょう。

毎年旧暦七夕の前後1週間に渡って、京都の町を彩ります。

2017年は8月5日(土曜日)~8月11日(金曜日)に催されます。
(主要2会場。他の会場は開催期間が異なります)

点灯時間は19:00~21:30です。

主要2会場の特徴、見所などをお伝えします。

スポンサードリンク

京の七夕 堀川会場

会場:堀川遊歩道
二条城前駅(押小路通)から北に向かって一方通行です。

アクセス:
京都駅からバス9番か5番、二条城前から徒歩約2分
京都市地下鉄: 東西線二条城前駅から徒歩約2分

七夕の物語にちなんだイルミネーションや飾りがメインの会場です。遊歩道も傍らに流れる堀川に、光を使ったいろいろなイルミネーションが工夫を凝らして飾られます(流されたりもします)。

暑い京都ですが、水辺なので時折涼しい風が吹き過ぎます。ただし混雑します。混雑している場所では、涼しい風を感じているどころではないかもしれません。遊歩道の幅があまり広くないので、人気のある場所では写真を撮りたい人で特に混雑します。京都のイベントですから、まあ仕方がありませんね。

最初の見所は、二条城のプロジェクトマッピングです。いつもは入場料を払わなければならない二条城ですが、無料で入ることができます(お城の中には入れません)。

遊歩道の入り口には、たくさんの笹飾りが飾られ、短冊に自分で願い事を書いて笹に結び付けることができます。

光の友禅流しは京都ならではですね。川の中で揺らめく光は、幻想的な美しさです。

終盤近くの天の川のイルミネーションは、それはロマンチックです。この光のアーチを一緒にくぐった二人は幸せになりそうな、そんな感じがしてしまいます。

それ以外にもいろいろなイルミネーションや展示、体験ができるブースもあります。事前に何がいつあるのか確認してから出かけすることを、お勧めします。

sozai_10094

京の七夕 鴨川会場

会場:四条大橋と御池大橋間の鴨川・みそそぎ川(鴨川と並行して流れる細い川)沿いの河川敷

アクセス:
京都駅からバス4番か17番か205番、四条河原町から徒歩約5分
京都市地下鉄: 東西線三条京阪駅から徒歩約2分

笹飾りのイルミネーションと、風鈴灯の灯りが美しい会場です。

鴨川にはウォーターアートプロジェクションが映し出され、幻想的な空間を作り出してくれます。

鴨川会場でも短冊に願い事を書いて、短冊に飾り付けることができますよ。

川沿いなので、涼しい風が吹いてきます。こちらの会場は、カップルが多い印象です。


スポンサードリンク

京の七夕に参加する

積極的にボランティアとして参加してみるのも、面白いかもしれません。

いつもは観光客として楽しませてもらうけれど、今回は楽しませる方になってみると、違う見方ができるかもしれません。京都の今まで知らなかった面も、覗き見ることができるかもしれませんね。

こちらでボランティアを募集しています。興味があったら是非参加してみてください。
「京の七夕」サポーター募集

「京の七夕」では和装、浴衣での来場を奨励しています。

和装・浴衣姿なら、京の七夕の雰囲気作りに一役買うことができます。

和装のレンタルや着付けのサービスもあります。

和装で出掛けると、いろいろと特典・優待サービスがありますので事前にチェックしておきましょう。先着○名様、というのもありますよ。

「京の七夕」和装・ゆかた特典

まとめ

涼しい川沿いで行われる「京の七夕」は、京都の夏を満喫できるお祭りです。

落ち着いた雰囲気のイルミネーションの数々も、古都京都らしく素敵です。

京の七夕 サイト

それでも、そこは京都です。混雑するのは仕方ありません。

混雑を避けたい場合には、お天気の悪い日を狙うのも、ひとつの手でしょう。もちろん1週間の開催期間中、ずっと晴れているかもしれませんが・・・

なるべく遅い時間に出かけたほうが、混雑はマシかもしれません。と言っても点灯しているのは21:30までですし、それなりに見るのには時間がかかるので(特に堀川会場)、あまり遅く行くとちゃんと見られないかもしれないので気を付けてくださいね。

京都の夏を満喫してくださいね!

京都の夏のライトアップ 駅から近いお寺で夕涼み

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.