ハロウィンの仮装 今年はかわいい猫になる!簡単に猫らしくなるには?

094990

今年のハロウィンは何に仮装しようかな・・・ちょっとかわいい系で行ってみたいな。

まだ仮装した経験はあまりないから、初心者向けと言えば、やっぱり「猫」でしょう!

スポンサードリンク

ハロウィンの仮装 今年はかわいい猫になる!

猫になるために一番有効そうなのは、「猫耳」を付けることかなと思います。これだけで、けっこう猫っぽくなりますね。ただ「猫」の仮装というのは、何というかかわいいんだけれど、ちょっと媚びた感じになりますね。まあ猫ですからね。ハロウィンなら、その辺を恥ずかしがらずに、思い切りかわいく行きたいですね。

猫耳は自分でも簡単に作れそうですが、仮装用のセットを買ってもそんなに高くはありません。ハロウィン以外にも、パーティーなどでも使えそうな感じですね。

たとえばこんなのがありますよ。

猫耳、猫手袋、しっぽのかわいいセットです。

ふわふわの猫耳。ちょっとアニメっぽいかも。

猫耳を買わなくても、髪が長いなら、自分の髪で耳を作ってしまう手もあります。

何回か練習する必要がありそうですが、かわいいですね。髪が長いならぜひ試してみてください。

ハロウィンの仮装 簡単にもっと猫らしくなるには?

もう少し猫らしくなりたいなら、フェイスペイントですね。ヒゲを描いて、鼻の頭を黒く塗っただけでも、ずいぶん猫らしくなります。つり目気味に濃いアイラインを入れれば、かなり猫顔に。

もっと本格的にメイクしたい人はこちらの動画をどうぞ。見ていると簡単そうに見えますが、本番前に一度練習したほうが良いですね。

フェイスペイント用の道具はたくさん種類がありますので、自分がしたいメイクのイメージを決めてから選んだ方が良いと思います。

フェイスペイントは100円ショップでも見かけますが、肌に直接使うものなのでできれば安全性の高いものを使ったほうが(特に肌が弱い人は)良いかなと思います。

もうちょっと凝りたいと思う人は、目を緑色なんかにしてみると、かなり不思議な感じになりますね。せっかくやるならとことん、という人にお勧めです。

********

まとめ

猫は子供でもかわいいですね。

猫耳を付けて、ヒゲを描いて、自分の持っている服の中で一番モコモコのセーターでも着れば、すっかり猫っぽくなります。

仮装している間は、「猫の手」の形に手を丸めることを忘れずに!

猫に仮装するなら、猫のパレードに参加してはいかが?
ハロウィン猫特化パレード 神楽坂化け猫フェスティバルはいつ?参加の仕方は?

簡単に安上がりに仮装をするならこちらへ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.