インフルエンザの感染経路は?予防に手洗いやうがいは有効?

ugai_tearai

寒くなって空気が乾燥してくると流行するのが、インフルエンザです。

「外から帰ったら、手を洗ってうがいをしましょう!」

子供のころから、学校でも家でも言われ続けてきたことですね。

これって、本当に有効なのでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザの感染経路を考える

インフルエンザの感染は、主に「飛沫感染」です。

インフルエンザに罹っている人の咳やくしゃみでインフルエンザウィルスが飛び散り、他の人の鼻や口の粘膜に付いて感染します。

「接触感染」もあるとされていますが、外で感染者が触ったドアノブなどに他の人が触れて感染する可能性は低いでしょう。ウィルスが皮膚や物に付いてからは、短時間で不活化するからです。

インフルエンザウィルスが手に付いてしまったとして、それが自分の粘膜(口とか鼻)にウィルスが不活化する前に 侵入するというのはあまり考えられませんよね。

インフルエンザ感染防止に手洗いは有効?

外から帰ったら手を洗うというのは、もちろん悪い習慣ではありません。外ではいろいろなものに触れてしまうし、汗をかいたりもしますよね。それに病気のウィルスはインフルエンザだけではありません。

でも、それがインフルエンザの予防になるかどうかは少し疑問です。「接触感染」は、身近に感染者がいる場合には起こりえますが、外で「接触感染」をしてしまうことは、かなり稀でしょう。

スポンサードリンク

それにもし外でインフルエンザウィルスに触れてしまったとしても、家に帰るまでそのウィルスが皮膚の表面などで生きているということ自体、あまり現実的ではありません。

ただ上にも書きましたが、身近に、たとえば家族にインフルエンザ感染者がいる場合には、手洗いは有効な感染予防手段になります。感染者が触れたもの、特に洟をかんだ後のティッシュペーパーや使った後のタオルなどに触れた場合には、すぐに手を洗うようにしましょう。

インフルエンザ感染防止にうがいは有効?

では、うがいは有効でしょうか?

インフルエンザウィルスが口や鼻などの粘膜に付いてしまったら、短時間に細胞内に侵入してしまいます。もしのどの粘膜にウィルスが付着したとしても、付着した瞬間に(!)うがいをすればもしかしたら有効かもしれませんが、そんなことはできそうもありません。

でも風邪や他の感染症(たとえば胃腸風邪など)の予防には効果があるという研究結果があります。

うがいはインフルエンザの感染予防にあまり有効と言えなくても、風邪や他の感染症には有効なのであれば、外から帰ったらうがいをする意味はある(というか、うがいは絶対した方が良い)ということになりますね。これは手洗いにもあてはまることです。

まとめ

外出から帰った後のうがいと手洗いは、インフルエンザの感染予防にはあまり効果が期待できませんが、風邪などの他の感染症の予防には効果的ですし、汚れた手をきれいにするという意味もあります。

外からはどんなものを家に持ち込んでしまうかわかりませんので、うがいと手洗いはきちんと習慣づけるようにしたいものです。

そしてインフルエンザの予防には、とにかく感染者と接触しないことが一番です。

もし家族が感染してしまったら、細心の注意が必要です。インフルエンザのウィルスは風邪のウィルスよりも感染力が強いからです。

そしてもし自分が感染してしまったら、他の人にうつさないように外出は控えるようにしましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.