乾燥肌のためにオフィスでできる対策と保湿とお手入れ方法

sengan

寒くなるにしたがってオフィスの暖房も強くなって、お肌の乾燥で困ることも多くなりますね。プライベートな時間なら何とかなりますが、オフィスで仕事中となるとなかなか席をはずして、というわけにも行きません。

お肌の乾燥対策は万全ですか?ここではそのヒントをいくつか挙げたいと思います。

乾燥肌対策はオフィスでもできる

最強の対策は、加湿器です。大きな加湿器を置くのは、普通のオフィスではなかなかできないのではないかと思いますが、最近は卓上加湿器というのがあって、自分の机の上に置いておける小型のものがたくさん出ています。中にはUSBから電源を取るものまであります。

加湿器の代わりに簡単にできることがいくつかありますので、紹介します。

机の上に、濡れたタオルやスポンジを置いておくだけでも効果があります。

観葉植物を置くだけでも効果があるようです。なるべく水をたくさん必要とする植物の方が良いので、ちゃんと水やりをしないと枯らしてしまいます。植物の好きな人限定ですね。

マスクをかけられる環境なら、コットンに水を含ませて、マスクの間に挟んでも良いでしょう。

アトマイザー(香水などを入れるスプレー付き容器)に水を入れて、時々(顔ではなく)胸元に吹き付けるのも効果があります。吹き付けた水が蒸発して、加湿器の役割を果たしてくれるんです。

お勧めできないのは、水や化粧水を直接顔に吹き付けることです。一時的に潤いますが、時間がたつと蒸発して肌が余計に乾燥してしまいます。

plant_monstera

乾燥肌は朝晩の保湿・お手入れが肝心

やはり一番大事なのは「日頃のお手入れ」です。冬場に乾燥するなら、基礎化粧品に保湿性の高いものを使いましょう。一年中同じものを使う必要はありませんね。

また、お風呂上がりの「化粧水パック」も効果的です。

化粧水はしばらく使って、自分の肌に問題がないことがわかっているものを使います。パックは普通に化粧水を塗るよりも肌に触れる時間、量が多いので、肌に合わなかったら大変です。

化粧水をコットンに染み込ませて、しばらく顔に貼り付けておくわけですが、あまり長い間パックするのは逆効果になります。パックは普通の化粧水なら2~3分です。ジェルのようなものでも10分以内にしましょう。コットンが乾かないうちにやめましょう。

パックの後は必ず乳液などで保湿します。化粧水は肌への水分補給、乳液はその水分を逃がさないようにするためです。

お化粧をする前に、うすくワセリンを塗るのも効果があります。ワセリンが肌の水分を保護する働きをします。ですからもちろん化粧水で十分に肌に水分を行き渡らせてから、塗るようにします。薬ではありませんので、安心して使えます。あまり厚くならないように気を付けて塗ってください。


スポンサードリンク

乾燥肌なら内側からも水分補給

実は外から水分を補給するだけでは、だめなんです。身体の内側からも「保湿」してあげます。

といっても別に難しいことではなく、「水を飲みましょう」ということです。オフィスに7~8時間いるなら、1~1.5Lの水を摂るようにすると良いと思います。プラス、コーヒーやお茶をお昼や休憩の時に飲むと、結構な量になりますね。

水分補給は肌のためにも、いわゆる「健康のために」とても重要です。一日に排出される水分が2~2.5Lと言われているので、食べ物などから摂る水分(だいたいこれが1L位)以外にも、意識して水分を摂る必要があるわけです。水分摂取が少ないと、肌が乾燥するだけではないんですね。特にオフィスで肌が乾燥するのを自覚しているなら、お水をできるだけたくさん飲むようにしましょう。

まとめ

乾燥肌には、外からも水分補給、内側からも水分補給です。

ちょっとした工夫で、お肌のトラブルは防げそうです。

面倒がらずに、お肌をいたわってあげましょう。それが健康にもつながってきますね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.