海外旅行のコンタクトレンズ飛行機への持ち込みは?水道水の洗浄は大丈夫?お勧めはこれ!

旅行に行く時に、コンタクトレンズ、どうしましょう?国内旅行なら良いけれど、海外旅行となると考えてしまいますね。

飛行機の液体の持ち込み制限や、旅行先で起こりうることなど。。。いろいろ考えていると、何だか不安になってきてしまいます。

どのようにしたら良いか、考えてみました。

スポンサードリンク

海外旅行のコンタクトレンズ洗浄液や保存液の飛行機への持ち込みは

海外旅行にコンタクトレンズ、それもハードか使い捨てではないソフトを持って行く(していく)場合、洗浄液や保存液を持って行かなくてはなりませんね。気になるのは、飛行機に乗る時に液体の持ち込みが制限されていることです。

ただ制限されているのは、自分で座席に持って行く荷物で、預ける荷物に関してではありません。洗浄液や保存液の大きめの容器でも、預けるスーツケースに入れるのであれば問題がないわけです(ただし、液漏れがしないように十分注意する必要があります)。

機内持ち込み荷物の液体制限は、成田空港のサイトにこのように説明されています。

手荷物として持ち込むための、パッケージ方法について

・100ml(g)以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れてください。※100ml以下の容器であったとしても、透明のプラスチック製袋に入っていない場合は持ち込みができません。

・持ち込みにご利用できる透明プラスチック製袋のサイズの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以下になります。マチ付きの物は容量が1リットルを超えてしまいますので、使用はできません。

液体は100ml以下の小さな容器に入っていること、1ℓ以下のプラスチックの袋に入れてある事、ということですので、手荷物で持ち込めるのはほんの少しです。

コンタクトレンズの手入れ用品は、たとえば預けたスーツケースがちゃんと着かなかった(ロストバッゲージ)場合に、たちまち困ってしまいます。確実な機内持ち込み荷物に入れたいですね。長い旅程の場合には、数日分は小さな容器に入れて機内に手荷物として持ち込み、大きな容器はスーツケースに入れて持って行くと良いと思います。

海外旅行でコンタクトレンズを水道水で洗っても大丈夫?

コンタクトレンズをつける時と外す時、もちろん手を使います。そして手はレンズに触れるので、きれいに洗いますよね。

コンタクトレンズ(特にハードの場合)は、洗うのに水道水を使います。

でも海外には、水道から出る水があまりきれいでないところもあるんです。欧州や北米であれば、大抵は大丈夫だと思いますが、場所によっては水道水は飲んではいけないところもあるし(ホテルのバスルームに歯磨き用のミネラルウォーターが置いてある)、「言われなくても飲みません」という水の場合もあります(濁っていたりにおったり)。

旅の醍醐味は、こんなところにもあったりするわけですが。。。でも、その水でコンタクトレンズを洗うとなると話は別です。飲むのではないのだから大丈夫、という人もいますが、私自身は飲めない水で洗ったコンタクトレンズをまた目に入れる勇気はちょっとありません。

日本人が旅行で行くような所ではだいたいミネラルウォーターが買えるので、そういうところではコンタクトレンズの洗浄もミネラルウォーターを使ったほうが良いのではないかと思っています。もちろん、気にしない人は気にしないで、水道水を使っても全然OKなのかもしれませんが・・・

心配な場合は、旅行前に眼科医に聞いてみると良いと思いますが、どの程度の水なら大丈夫、というようなはっきりしたことは答えてもらえないかもしれませんね。滞在場所の水質がどうなのかは、お医者様にも良くわからないでしょう(透明な水だからきれい-衛生的-とは言えないですしね)。


スポンサードリンク

海外旅行でのコンタクトレンズ お勧めはこれ!

海外旅行にコンタクトレンズで行くのは、ちょっと面倒なところもありますね。というわけで、海外旅行のコンタクトレンズには「使い捨て(one day)ソフトコンタクトレンズ」をお勧めします。

洗浄液や保存液を持って行かなくても良いし(機内持ち込み制限とか、考えるだけで面倒になって来ますよね)、水道水で洗えるかどうかも考えなくてOK。

旅行に行くと、どうしても欲張ってしまっていろいろ詰め込んで忙しくなりがちです。使い捨てコンタクトレンズなら、外してポイッ。洗ったり保存液に入れたり、なんてしなくてもパタッとベッドに倒れ込めますね。

慣れない洗面台で「コンタクトレンズを流した~!」なんてことになっても、使い捨てなら全然気にしなくて大丈夫です。



まとめ

旅行を楽しむために、万全の態勢で出掛けましょう。

メガネを持って行くのはもちろんですね。ハードやソフトコンタクトレンズの使い捨てではないものの場合も、予備を持っていると安心です。

洗浄液や保存液は、ある程度の都市部であればどこでも買えるものですが、言葉のわからないところで目当てのものを買うのは大変ですし、場所によってはお店が開いている時間が短いこともあるし、週末はお店が閉まっていたり、お店が開いている時間は観光で忙しくて買い物している時間がない、なんていうこともありがちです。現地で買う、というのはあまり考えない方が良いと思います。

使い捨てコンタクトレンズを持って行く場合には、滞在日数プラス数個を余分に持って行きましょう。

いつも使っているものと違うコンタクトレンズを使う場合には、旅行に行く前から使って慣れておいた方が良いと思います。何時間付けていると疲れるか(痛くなるか)などを、ちゃんと把握しておきましょう。

機内持ち込み荷物について不安ならこちらも参考にどうぞ!

海外旅行の便利情報をいろいろと書いています。こちらからどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.