栃木で最大のよさこいの祭り「下野Yosakoi与一まつり」の日程とアクセスと見所

「よさこい」は横文字で「Yosakoi」とも書いて、全国的に人気は高まる一方、グループもどんどん増殖を続けているようです。それに伴ってよさこいのお祭りやコンテストも増えていますね。

北関東は栃木県の中でも北に位置する「大田原市」で、栃木県随一のよさこい祭りが開かれます。その名も「下野Yosakoi与一まつり」と言い、「天狗王国まつり」のメインとして開催されます。

今年はどんなグループがどんな素晴らしい演技を見せてくれるか、とても楽しみです。

スポンサードリンク

下野Yosakoi与一まつりはいつ?どこで?アクセスは?

開催日時:「下野Yosakoi与一まつり」は、毎年10月後半の日曜日に行われていますが、はっきり決まった日付があるわけではないので、毎年開催日は確認するようにしましょう。

2017年は10月22日(日)です!

「下野Yosakoi与一まつり」は「天狗王国まつり」のメインイベントになります。「天狗王国まつり」自体は10時から20時半の開催ですが、よさこいは1時間早く19時半に終了となります。

開催場所:栃木県大田原市の市街地からはかなり離れたところにある「なかがわ水遊園 」(大田原市佐良土2686)です。

アクセス: 
車の場合:東北自動車道の矢板I.C、西那須野I.Cから約45分
*当日は臨時駐車場が設けられます。

公共交通機関を使う場合:東北本線の西那須野駅東口から、東野(とうや)バス那珂川町行「なかがわ水遊園」下車(約40分)

下野Yosakoi与一まつりの見所

「下野Yosakoi与一まつり」では、ステージが3つもあります。そのうち、メインステージでは「演舞コンテスト」が行われます。コンテストはまず予選が行われ、予選を勝ち抜いたチーム6組とシードチーム(昨年の優勝チームと「YOSAKOI かぬまフェスティバル 」の優勝チーム)の計8チームで、決勝が行われます。

「下野Yosakoi与一まつり」ならではの催し物として、「旗士の舞コンテスト」 があります。「よさこい」にはなくてはならない勇壮な「旗士」がその舞を競う、このお祭りならではのコンテストです。

コンテスト以外にも、各チームによるパフォーマンスが見られるステージも用意され、15時半からは流し踊りも見られます。ステージで見る踊りとはまた違って、目の前で繰り広げられるパフォーマンスは盛り上がりますよ!

雨天決行です。荒天の時にはスケジュールが少し変更になるかもしれません。ツイッターなどでチェックして出かけましょう。

「下野Yosakoi与一まつり」サイト 

フェイスブック

ツイッター


スポンサードリンク

「天狗王国まつり」は花火大会も見どころのひとつ!

先にも書いたように、「下野Yosakoi与一まつり」は「天狗王国まつり」のメインイベントになりますが、ここでは地元「大田原」のグルメが目いっぱい楽しめます。自然豊かな大田原は、「唐辛子」が有名です。唐辛子を使ったG級グルメなどに舌鼓をうてること間違いありません。

出店されるブースは年によって変わるし、目玉食品も工夫を凝らしていますので、今年はどんな「グルメ」に出会えるか楽しみです。

そして、忘れてはいけないのが「花火大会」です。「よさこい」が終わっても帰っちゃだめですよ。19:30から20:15は、花火が打ち上げられます。数千発の花火で、なかなかに見ごたえがありますよ!

まとめ

いつもは静かな山あいにある「なかがわ水遊園」ですが、この日ばかりは賑やかな音に包まれます。

毎年来場者が増えているので、臨時駐車場がたくさん用意されているとはいえ、便利な場所に停めるにはなるべく早く出掛けた方が良いかもしれません。

花火が終わった後に、帰る車で混み合うのは仕方がありませんが、もしどうしても避けたいのであれば、花火が終わる前に会場を出ると良いと思います(花火を見ないのはもったいないですけれどね)。

「よさこい」はニコニコしながら元気いっぱいに踊るダンスなので、見ているとこちらもエネルギーをもらえて元気になる気がします。動画なのではよく見るかもしれませんが、是非ホンモノを生で見てみてくださいね。

「天狗王国まつり」サイト

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.