白髪染めがうまく染まらない時に試してみたい染めるコツ!

白髪染めはおしゃれ染めと違って、自分で染める人が多いのではないでしょうか。

最近は頭皮や髪に優しいトリートメント効果を謳った製品が多く出ていますが、なかなか染まらないということはありませんか?

実は私も使い始めの頃は説明書通りに使っていたのですが、ほとんど染まらずに困っていました。そこでいろいろな工夫をしたところ、最近は結構ちゃんと染まるようになってきたんです。その工夫(コツ)についてです。

スポンサードリンク

白髪染めが染まらないのは濡れた髪に塗るから?

白髪染めの染まり方は、人によってかなりの差があるようです。シャンプーした髪の水気を取って、白髪染めを塗って15分くらい置いただけで、「きれいに染まった」なんていう人もいるようで、驚いてしまいます。

私はそのやり方では、塗った白髪染めが全部水に流れていくという感じで、ほとんど染まりません。これでは何度繰り返して染めようとしたところで、まったく効果なし・・・

そこで試したのが、乾いた髪に白髪染めを付ける、ことです。

シャンプーした髪(濡れた髪)に付けるよりも、乾いた髪に付ける方が染まりやすい、とどこかで読んだからでした。

おお、これだけで全然違いますよ!

シャンプーをしたくなるけれど、そこは我慢です。乾いている髪に、いきなり白髪染めをベタ~ッと塗るんです。

でもこれだけじゃ足りない。ちゃんと染めるためにはもうちょっと工夫しないとね!

白髪染めは髪にまんべんなく行き渡らせる

説明書にも書いてありますが、白髪染めはケチらずにベタっとなるべくたくさん使ったほうが良いのですが、ただ髪の上からべったと付けるだけではなく、髪の一本一本に白髪染めが行き渡るように、櫛を使うと効果的です。私が使っているのはこんなのです。何かのおまけでもらったクシです。

この櫛で、髪のまわり(表面)全体に白髪染めが付くように、いろいろな方向に髪を梳き(とかし)ます。これをすると、白髪染めを余分に使わないような気がします。ただべトッと付けると、足りないかも、と白髪染めの量をどんどん増やしてしまいがちですが、櫛を使うとそれが防げますよ。

白髪染めを髪に定着させるワザ

染めたい部分に白髪染めが行き渡ったら、頭にサランラップをかぶります。

私はサランラップを40cm位に3枚用意して、それを頭にかぶせて白髪染めを密封します。

更に!その上にこれをかぶります。

「トリートメントキャップ」という名前で売っている、アルミのヘアーキャップです。トリートメントを髪の内部に浸透させて、効果を高めるという商品ですね。ヘアカラーの効果も高めるということです(育毛剤の効果を高めるとも謳っていますね)。これをかぶることでサウナ効果、というものが起きるのだそうです。

そしてそのサウナ効果を高めるために身体も温めましょう、というわけで、のんびり湯船につかります。なんだか頭があったかい(熱い・・・)。

白髪染めを付けて15分くらいして洗い流すというところを、私は30分くらい置いてから洗い流しています。短いよりも長い方が、絶対効果は高いはず!

もちろん洗い流すだけで、シャンプーは使いません。洗い流してドライヤーで乾かします。


まとめ

シャンプーをするのは翌日か、翌々日。毎日シャンプーしたい人には、これがちょっと辛いかもしれないですね。

私は脂質ではないので、翌々日にシャンプーしています。もちろんシャンプーをすると水が茶色くなりますが、濡れた髪に白髪染めを使った時に比べて、髪の染まり具合はずっと良くなりました。

私は毎回上記のようにしているので、どの工程が一番効果があるのかはよくわかっていません。もしかすると、一番効果があるのがアルミトリートメントキャップ、ということもあるかもしれませんが、相乗効果かなと思っています。

シャンプーと白髪染めが同じ日にできないので、白髪染めはあまり頻繁にしていません。白髪はきっちり染まらなくても少しでも色が付けば、格段に目立たなくなります。もちろんまだ白髪がそんなには多くないからということもありますが、白髪の目立つ分け目やこめかみは、色が少し明るいかな、という具合でとても自然な感じです。

もし白髪染めで染まらなくてお困りなら、試してみてくださいね!

ちなみに私の使っている白髪染めはこれです。



関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.