雪の日自転車はどうする 滑りやすい雪の状態と滑りにくいタイヤは?

自転車を多く使う生活をしていると、お天気が気になりますね。

冬、雪が降ったら、どうしましょう?自転車で走るの危なくない?

「雪が降ったら、自転車に乗るのはやめましょう!」

はい、そうなんです。どう考えても雪道の自転車は危ないです。だから雪が降ったら、なるべく自転車には乗らないようにしましょう。

でも、でも、そう簡単には行かないこともありますよね。

スポンサードリンク

自転車にとってどんな雪が滑りやすいか

どんな雪でも滑りやすいですが・・・

かなり寒い北国でなければ、雪の降り始めは落ちた雪が路面で融けてしまうことが多いです。見た目、道路は濡れているだけ、もしくは所々ゆるいシャーベット状という状態ですね。

融けた雪道も、同じような感じですね。

これだと雨とあまり変わらない気がするのですが、これ結構滑るんですよ。濡れているだけに見えても、実は雪(氷)が融けていないことも多いんです。雨と同じ気分で自転車に乗ると、ちょっとハンドルを切っただけでスリップしてしまうことがあります。

一番滑りにくいのは(滑らないというわけではありませんよ!)、新雪かなと思います。踏み固められていなくて、融けてもいなくて、もちろん凍ってもいない雪です。重くて走りにくいですが、そんなには滑りません。これは歩いていても同じですよね。

一番滑るのが凍ってしまった雪です。雪が降って氷点下になった翌日なんていうのが、一番危ないです。命を大切したいなら、自転車には絶対乗らない方が良いですね。

どうしても雪道を自転車で行く場合の注意

雪道をどうしても自転車で行かなければならないなら・・・いえ自転車には乗ってほしくないのですが、どうしてもということであれば・・・

絶対にヘルメットをかぶるようにします。理由は言うまでもありませんね。スリップしてコケる時って、受け身も何も考える間もなくひっくり返ります。どこかぶつけます。膝とかなら良いけれど(良くはないけど)、頭だけは絶対に守らなければ命にかかわります。

自動車がなるべく通らない道路を選びましょう。理由はいくつかあります。自動車自体がスリップすることがあるというのもひとつ、でも一番重要なのは転倒した場合に車に接触する危険が少ない、ということです。あ~、考えただけで怖くないですか。自転車でコケて、そこに車が通りかかるなんて・・・

そして、少しでも滑るな、危ないな、と思ったら、自転車を降りましょう。歩きましょう。絶対大丈夫そうなところでだけ、徐行運転で乗るとしても、後は自転車を押して歩くようにしましょう。

それと忘れてはいけないのが、「加害者になりうる」ということです。これは雪道に限ったことではありませんが、雪道ではその危険性が高くなります。滑って転んで自分が膝をすりむくくらいなら良いですが、誰かを巻き込んでしまったら大変ですよ。

自転車保険というのがあります。雪道を走らないにしても、自転車をよく利用する人は入っているといざという時に安心かと思います。

自転車保険は、他の保険に付帯していることも多いので、入る前に自分が加入している保険に付いていないか調べてみると良いと思います。オプションで付けられることもありますからね。


スポンサードリンク

雪道に向く自転車やタイヤはあるのかな

マウンテンバイクなら雪道に強いと言う人もいますが、何の役にも立たないと言う人もいます。

タイヤは太い方が安定していて雪道にも強いと言う人もいますが、タイヤは細い方が道路との接触面が少ないから滑りにくいと言う人もいます。

たぶん雪の状態によって違うのかなと思います。雪の状態は、新雪とか融け始めとか凍結ガジガジとかシャーベット状とか、同じ場所の同じ日でも時間によっても変わって来ますし、狭いエリア内でも場所によって違ったりして難しいですね。

自転車にも、雪用のスパイクタイヤというものがあります。北国で冬の間は雪が降ることが多いけれど絶対に自転車が必要、という人は使ったほうが良いですね。

ただ雪国でないなら、雪が降る度にタイヤを交換するのは面倒だし、効率が悪いです。タイヤを交換している時間で、歩いても目的地に到着してしまうかもしれません。スパイクですから、雪のない道路では走りにくいです。スパイクも減っちゃうので経済的にも良くありません。

まとめ

雪道の自転車に関しては、「乗らない!」ということを第一選択肢にしましょう。

自転車通学や通勤の場合には、雪の時の代替え手段を考えておきましょう。徒歩だったらどれくらいかかるかなどを調べておいて、天気予報で雪が降りそうだったら朝早く起きるなど、自転車に乗らない方法を考えておくと良いと思います。

雪国でないなら、雪が降ればたいてい交通機関は乱れてしまうので、どこに行くにもいつもよりも時間がかかってしまうものですね。遅れて混んだバスに乗るよりも、歩いた方が楽で早い、なんていうこともあると思います。

もし、もし、どうしても、雪道を自転車に乗るなら、どうか、どうか、気を付けて!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.