海外旅行のスーツケースにネームタグは付ける?住所や電話番号を書く?

スーツケースに付けるネームタグには、いろいろな種類が出ていますね。キャラクターグッズのかわいいものや、おしゃれなものもあります。

でもあのネームタグって、本当に付けた方が良いのでしょうか?付けるとしたら、書くのは名前だけ?それとも住所や電話番号も書くのでしょうか?

スポンサードリンク

海外旅行のスーツケースにネームタグは必要か

海外旅行には個人旅行と団体旅行(ツアー)があります。

旅行会社が企画するツアーの場合、旅行会社からネームタグが配られることが多いです。その場合には、旅行会社の指示に従って記入してください。

というのは、ツアーの場合のネームタグには、ツアーメンバーのスーツケースであることの目印にしたり、ホテルに着いた時に誰のスーツケースであるかを区別したり、部屋まで運んでおいたりする時に使うことがあるからです。

同じ飛行機にいくつかのツアーが乗り合わせたり、同じホテルに宿泊したりすることがありますが、そんな時にもツアーのメンバーが同じネームタグを付けていれば、区別がつきやすいということもあります。

団体旅行の時のスーツケースのネームタグは、飛行場や航空会社が使うのとは別物、ということですね。

一方、個人旅行の場合には、これはその人の考え方次第です。

ネームタグを付けなければいけないという決まりはありません(ごくまれに、チェックインの際に付けるように言われることがあります)。

空港でスーツケースを預ける時に、行き先やフライトなど詳細が記載されたシールがスーツケースに貼られます。同時に控えを渡されます(航空券に貼られることもあります)。もし到着した先でスーツケースが出てこない時には、この控えでロストバゲージの手続きをすることになります。

特にネームタグが付いていなくても、このシールが付いていれば、スーツケースがどこで迷子になっても誰のものでいつのどの便に乗るべきのものかというのがわかるようになっています。

もし「このシールが剥がれてしまったら」と万一のことを考えて心配なのであれば、ネームタグを使うのも良いかもしれませんが、現実にはあまり必要ではありません。

ネームタグは役に立つのか

もちろんネームタグを付けていれば、便利なこともあるかもしれません。スーツケースが迷子になった時に、そこに持ち主の名前がはっきり書かれていれば、簡単に確認ができるし、住所や電話番号が書かれていれば明確ですね。

それでもネームタグを付けた方が良いですよ、と言えないのは、やはり安全面を考えてのことです。

国内ではあまり考えないかもしれませんが、海外では何が起きるかわかりません。ネームタグから名前を読み取って、迎えに来た人を装った犯罪が起きたりしています。

また空港で働いている人を信用できない、というのもあります。スーツケースの中身を抜き取る、なんていうことも起きています。そういう時に狙われるのは、日本人のスーツケースが多いとも言われています。良いものを持っていることが多いからですね。

もちろんめったに起きることではありませんが、必要のない情報をわざわざ人に見せる必要もないでしょう。

スーツケースの表面にでかでかと(おしゃれな)名前のシールを貼っている人もいますが、国内旅行の時だけにした方が良いかもしれませんね。

スーツケースをどこかに置き忘れたような時に、ネームタグに連絡先が書いてあれば誰かが見つけて連絡をくれるかも・・・というのはまずほとんど可能性はないかと思います。


スポンサードリンク

ネームタグはスーツケースの目印になるか

到着した後にベルトに乗って回っている自分のスーツケースを見つけやすくするため、という人もいますが、それが理由であればネームタグである必要はありませんね。

自分が自分のスーツケースを見つけられれば良いわけですから。

同じようなスーツケースは(特に黒)多いですが、ベルトを付けるとか、バンダナやハンカチを取っ手に巻くとかすれば、自分のものだとわかりやすくなります。

それでも、スーツケースを受け取った時には、本当に自分のものであるかどうか確かめましょう。

たまに「他の人のを持って帰っちゃった」なんていう話しも聞きます。そういうことがあると、後がとっても面倒です(私自身は幸い経験がありません)。

まとめ

空港でスーツケースが出てこなかった時には、自分の捜しているスーツケースのサイズや色などを申告しますが、携帯などであらかじめスーツケースを撮影して持っていると良いですね。ブランド名なども控えておくと良いかもしれません。特にレンタルの場合などは、ちゃんと覚えていないことがありますよね。

スーツケースに名前や住所や電話番号が付けてあったからってどんな犯罪に巻き込まれるというんだ、という人もいるようですが、世の中にはいろいろな人がいます。ましてや海外に行くのなら、国内旅行の感覚でいると危ない目に遭うかもしれません。

ちなみに私は、ロストバゲージの経験が何度かあるため、ネームタグに名前と携帯番号だけを書いて、簡単には見えないように(ここ大事!)書いた紙を裏返して入れて、スーツケースに付けることが多いです。特に複雑な乗り換えの時などはそうしています。ヨーロッパ内の乗り換えなしのフライトなどの時には、付けないことが多いです。

ネームタグは必須ではありません。それぞれの考え方です。でも安全第一、ですよ!

海外旅行の便利情報をいろいろと書いています。こちらからどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.