お歳暮は双方の両親にも贈る?金額は?いつまでに?

oseibo

お歳暮の準備をする季節になりました。

今年結婚された方は、ふたりで迎える初めての年末年始になりますね。

さて、双方の両親にもお歳暮を贈ったほうが良いのでしょうか。

「お歳暮は誰に贈るという決まりはない」と言っても、悩みますね。

スポンサードリンク

お歳暮は双方の両親に贈る?

これは本当に、それぞれのお家で考え方は違ってきますね。お歳暮なんて他人行儀だ、という考えもあるし、お歳暮も贈らないなんて常識がない、という考え方もあります。

もし兄弟がいるなら、どうしているのか聞いてみましょう。ご両親はそのご両親にどうしているか(いたか)、覚えていたらそれを参考にしても良いですね。

それと、双方の両親へのバランスにも気を配る必要があります。なかなかややこしいです。

ご両親が遠くに住んでいても、近くに住んでいても、年に何回か会う機会があるなら、その時に心のこもった贈り物をすれば、ことさら「お歳暮」に拘ることはないかもしれません。

会う機会がなくても、お誕生日や母の日、父の日などにプレゼントを贈っていれば、お歳暮よりも喜ばれるかもしれません。

スポンサードリンク

お歳暮は何をいくらくらいで贈る?

贈り物は基本的に、受け取る人が好きなものを贈る、のが一番良いですね。今は産地直送の珍しいもの、新鮮なものを贈ることもできますから、相手の顔を思い浮かべて、笑顔になりそうなものを選びましょう。

お歳暮の相場は三千円から五千円と言われています。

もし相手の好きなものが思い浮かばない場合は、「無難なもの」から選ぶことになります。それでも自分がもらって嬉しいものを基準に選びましょう。無難だからと言って、こんなもの誰も喜ばないよね、というものを贈るのは感心しません。

「無難」の代表的なものは「のり」とか「調味料」でしょうか。「商品券」は誰にでも喜ばれる贈り物ですね。

お歳暮はいつどうやって贈る?

お歳暮を贈る期間は、12月初めから12月20日くらいまでと言われています。だんだん早く贈る傾向にあるようですが、お歳暮は「今年もお世話になりました」の感謝の気持ちを込めて贈るものです。あまりに早く贈るのは、やめたほうが良いでしょう。

今では、デパートなどから直接宅配便で送ってもらうのが主流ですが、本来なら直接伺う方が良いですね。

また宅配便に頼むような場合は、年末はお店も宅配便も混雑しますから、ちゃんと届くように余裕を持って準備しましょう。

まとめ

贈り物の意味は、言うまでもなく「心」です。肝心なのは、感謝の心が相手に伝わることですね。

とは言え、結婚一年目は何かと気を遣ってしまいますよね。

それぞれのお家のしきたりなどを良く調べて、後々トラブルなど招かないようにしたいものですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.