ウォーキングの効果と消費カロリーは?楽しく歩くために!

ウォーキングは特別な装備も道具もいらないし、お金もかからないし、気軽にできる健康法です。

でもいったいどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか?他の運動と比べてみました。

でもウォーキングの効果はカロリーの消費(ダイエット)だけではなく、もっといろいろあるんですよ!

スポンサードリンク

ウォーキングの効果

ウォーキングの消費カロリーは、そんなには高くありません。そりゃそうですよね。テニスなんかと同じ消費カロリーのわけがありません。でもそれなりにエネルギーを消費し、脂肪を燃焼させてくれますよ。

外出は車を使うからめったに歩かないとか、一日中ほとんど家にいて動かないとか、そんな人にはお勧めの健康法です。

激しい動きもないので、ケガをしたり身体のどこかを痛めたりということも起きにくいので、老若男女、誰でもできる!

そして立派な「有酸素運動」なので、他にもいろいろな効果が確認されています。

代謝が良くなるので、血行が促進されて心肺機能の向上も期待できるし、骨に負荷がかかるので骨にも良い=骨粗しょう症の予防にもつながると言われています。

それに毎日外の空気を吸って身体を動かすのは、気分的にも良いものです(精神的にもプラス効果があるんですね)。

良いことづくめですね。

なら明日から歩いちゃおうかな、と気楽にできるところもとても良いです。

ウォーキングの消費カロリーを他の運動と比べてみた

上に、ウォーキングの消費カロリーはそんなに高くないと書きましたが、ではどれくらいなんでしょうか。

ダイエット効果もあると嬉しいので、調べてみました。

ウォーキングと言っても、条件(歩く速さやその人の身長や体重など)によって消費カロリーはかなり違ってきます。

歩く速度や体重を入れると消費カロリーを計算してくれるサイトを見つけました。計算機で有名なCASIOさんのサイトです。

体重50㎏の人が、分速67m(時速4㎞)で30分歩くと、79kcalとなります。

他の運動と比べてみました(いずれも体重50㎏の人が30分続けた場合ですが、これも条件によって変わります)。

*ジョギング(分速120m、時速7.2km):約180kcal
 ジョギングは走る速さによって、消費カロリーにかなりの差があります。例に挙げたのはかなりゆっくりのジョギングです。

*ラジオ体操:約114kcal
 普通はラジオ体操を30分続けることはないですけれどね。
 ちなみにラジオ体操第一と第二は、それぞれ3分10秒くらいです。

TANITAのこちらのサイトに「カロリー早見表」があって、日常のいろいろな動作でどれくらいカロリーを消化するのか見ることができて面白いですよ。草むしりは結構重労働なんだな、なんていうこともわかります。

今回いろいろと調べていたら、「メッツ」という言葉が頻繁に出てきました(もしかして知らないのは私だけ?)。メッツはMETs=Metabolic equivalentsのことだそうで(お~、メタボ)、安静時の消費カロリーを「1」として、その何倍のカロリーを消費するかという数字です。

たとえば、上に書いたウォーキング分速67m はメッツ3、安静時の3倍のエネルギーを消費するということですね。


ウォーキングを楽しむために

ウォーキングは何も特別な用具はいりませんが、靴だけはちょっと奮発した方が良いかなと思います。

安いスニーカーなどは、靴底のクッションがあまり良くないので、足を痛めてしまいます。もちろん靴擦れができるような靴では長く歩けませんね。

できれば専門店でいろいろ試して、自分に合ったものを見つけましょう。

それとどれくらい歩いたのかがわかると楽しいし、達成感も得ることができます。いろいろな万歩計が出ているので、見てみてくださいね。

ちなみに今私が欲しいのはこれです。歩くのが楽しくなりそう。

まとめ

ウォーキングは気軽にできるので、何か健康に良いことをしたいなと思ったら、始めてみると良いと思います。

毎日同じくらいの時間に歩いていると、ウォーキング友達なんかができるかもしれません。

今まで気づかなかった、季節ごとの風景の違いや、道端の花なんかを見ることも楽しくなってくるかもしれません。

初めは無理をしないで、歩き始める前も少し身体をほぐしてからゆっくり歩き始めましょう。もちろん歩き終わりも深呼吸などをすると良いと思います。

とにかく健康第一!思い立ったが吉日です!

***

雨の日はどうしよう?と思ったらこちらをどうぞ!

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.