機内持ち込み荷物 液体の制限は?便利な物は?バッグはどうする?

103202

海外旅行の前はすごく楽しみでウキウキしますが、何をどうやって持って行くかを考えるとちょっと憂鬱になります。

最近は機内持ち込み荷物の規制も厳しいですしね。

ここでは、機内持ち込み荷物についての規制と、何を持っていたら飛行機の中で便利か、どのようなバッグに入れていたら良いかを考えてみます。

スポンサードリンク

機内持ち込み荷物 液体類の制限

「液体の持ち込み制限」について不安に思ってしまうかもしれませんが、そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ。

液体の持ち込み制限は、機内持ち込み荷物だけです。 預ける荷物に入れるなら、量の制限はありません。

「液体」と言っても、クリーム状のもの、ジェル状のもの、ジャムや歯磨きなども含まれますので気を付けてください。これは「液体かな」と疑問に思ったら、液体として考えた方が良いでしょう。

すべての液体は、100ml以下の容器に入れて、ジッパー付の縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能なプラスチック袋(ジップロックみたいなのです)に余裕をもって入れること、と義務付けられています。

日焼け止めクリームやシャンプーなどは、容器を見てみると100mlを越えるものが多いですね。このようなものは。機内持ち込みは出来ないということです。

マスカラとかグロスなどの化粧品も「液体」になりますので、機内に持ち込むならプラスチックの袋に入れましょう。

預ける荷物には液体の制限がありませんから、大きな容器に入ったものは預けてしまいましょう。ペットボトルだって缶緑茶だって預けてしまえば大丈夫です(お酒は税関で制限がありますよ)。

ただし、液体は漏れ出したりしないように、充分に注意しましょう。ガラス瓶に入っているものを持って行く場合は(持って行かないほうが良いですが)、プチプチで包んで、タオルで包んで、密閉できるビニール袋に入れて、、、厳重にパッキングしましょう。

スーツケースの中で液漏れをして他の物を汚してしまったら大変ですし、スーツケースから漏れ出して他の人の荷物を濡らしたなんてことになったら、それこそ悲劇です。

プラスチックの容器は、元々お店で買ったそのままなら大抵大丈夫ですが、詰め替え容器に入れたものは注意しましょう。飛行機は飛んでいる時に気圧が変化するので、普通は液漏れしないような容器でもダメな時があります。液体類は、念のために口のしっかり締まるビニール袋に入れて、スーツケースに入れたほうが良いですね。

205782

機内持ち込み荷物に入れると便利なもの

機内持ち込み荷物に入れるものは何でしょう。

貴重品(パスポートとかお金、クレジットカードなど)。これはもちろん預ける荷物に入れるわけにはいきません。機内持ち込み荷物に入れます。

PCも機内に持ち込みます。出張なら、会議などで使う重要な書類は、機内に持ち込んだほうが良いでしょう(ロストバゲージ対策)。

書くもの(ボールペンなど)も持つようにしましょう。申告書類を書いたりするのに必要になります。

ハンカチやティッシュペーパー等は、普段通り持っていたほうが良いですね。

空気枕は、特に小柄な人にはお勧めします。

スリッパもあると便利です。飛行機の中でずっと靴を履いているのは、けっこう疲れるものです。

飛行機の中は寒いことが多いので、何か羽織るものがあると良いですね。もちろん毛布が配られますが、それよりも袖を通して着られるものの方が暖かいですよ。もちろん寒い時にはキャビンアテンダーに、「もう一枚毛布をください」とお願いすることもできます。

周りが気になってなかなか寝付けないような人は、耳栓やアイマスクがあると良いかもしれません。

それ以外に私がいつも持ち込み荷物に入れるのは、「スーツケースがなくても一日過ごせるだけの荷物」です。

最低限の着替え、どうしても代用がきかない化粧品や薬類です。これはスーツケースが出てこなかった時(ロストバゲージ)の対策です。そう頻繁に起こることではありませんが、起こることはあるので(私も何度か経験しています)。


スポンサードリンク

機内持ち込み荷物 バッグはどうする?

機内持ち込み荷物は、ハンドバッグやPC(ノートブック)などの他、10㎏までのバッグが認められています。

私はいつも、小さなバッグに貴重品をまとめて入れて、座席の上の棚に入れずに、前の人の座席の下に置くようにしています。

上の棚に載せる荷物には、目的地に着くまで使わないものを入れておきます。

だいたいPCを持っていて、機内で使ったりすることがあるので、PCの入る大きさのバッグに、乾燥防止のリップクリームとか、カーディガンなどを入れて、前の人の座席の下に置くことが多いです。

更にその中に、貴重品を入れた小さいポシェットを入れていて、座席を離れる時には持って行くようにしています。

非常口前の席になってしまったら、荷物は一切置けないことになっているので、一旦棚の上に置いて、飛行機が飛び立ってシートベルトのサインが消えてから、棚から取り出しておきます。もちろん着陸前に、また棚の上に戻すことになります。

前の人の座席の背もたれのポケットにも、ハンカチや文庫本などを入れておくことができますね。

コンタクトレンズをどうしようか迷っていたらこちらをどうぞ!

まとめ

飛行機に乗る時の荷物、何を持とうか結構迷うものです。

この記事が参考になったら嬉しいです。

楽しい旅行を!

他にも海外旅行の便利情報をいろいろと書いています。こちらからどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.