七五三の子供の服装に決まりはあるの?親は何を着れば良いの?

shichigosan_title
10月中旬くらいから、七五三のお参りに行く親子連れを見かけるようになりますね。

服装も様々です。子供たちは和装の方が多いけれど、最近はタキシードやドレスを着ている子供たちもいます。

子供たちの晴れ姿に目が行って、親の服装はあまり気にしませんが、いざ自分がその立場になると、「何を着れば良いんだろう?」と結構悩むものです。

スポンサードリンク

七五三の子供の服装には決まりがあるの?

和装の場合、3歳の女の子は「被布」(ひふ)という緋色の袖なし襟付きの上着を、帯を結ばない着物の上に羽織ります。お宮参りの時の祝い着を仕立て直す方も多いようです。腰高の草履をはきます。

kodomo_753_01_c_02

3歳の男の子は着物(紋付二枚襲)に兵児帯、袖なし羽織を着ます。男の子もやはりお宮参りの「のしめ」を使う方が多いようです。

5歳の男の子は、長着とそろいの羽織を着て、袴をはきます。
以前「七五三男の子の3歳も祝うの?数え歳?早生まれの時は?」で触れましたが、5歳のお祝いは「初めて袴をはく」お祝いなんですね(だから3歳の時には袴ははきません)。

スポンサードリンク

kodomo_753_01_c_03

7歳の女の子は、華やかな着物に丸帯を結びます。7歳のお祝いは「初めて帯を締める」お祝いですね。履物はぽっくりか華やかな布張りの草履です。

最近は洋装でお祝いする方も多いですね。女の子のお姫様のようなドレスもかわいいものです。
男の子は、入園式や入学式に着られるようなブレザーなどを用意すると、後々便利ですね。

七五三の付き添いの親の服装は?

きちんとした服装なら、何でもOKのようです。
いくらきちんとした服装と言っても、お父さんが袴をはいたり、お母さんが留袖など着る必要はありません。和装ならお父さんはせいぜい無地の着物に羽織、お母さんは付け下げ程度です。

お子さんに何かと手がかかるでしょうから、洋装の方が楽という方が多いですね。洋装の場合は、ご両親ともスーツなどが良いようです。

お参りする神様への礼儀としてきちんとした服装にしましょう、ということです。

母親の服装については、こちらで詳しく取り上げています。

まとめ

もしおじいさま、おばあさまも一緒にお参りをするのであれば、服装もそれなりに合わせられるよう、事前にお話をしておいたほうが良いでしょう。

七五三は、子供がここまで無事に成長したことを祝い、これからの健やかな成長を願う行事です。心のこもった記念日になるよう、一番に主役の子供のことを考えてお祝いをしましょう。

「着飾って記念撮影」をして、肝心のお参りを省いてしまう、なんていうことのないようにしたいものですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.