飛行機に長時間乗る時の服装は?靴はどうする?着替える?

短時間の飛行機なら特に気にしなくても良いのですが、長時間乗るとなると気になるのが、機内での服装です。

どんな服装が良いのでしょうか?

いつものTシャツにジーンズでOK?

スポンサードリンク

長距離の飛行機での服装

長時間の飛行機内での服装は、「楽なこと」「あたたかいこと」が重要になります。

旅行で重宝するジーンズですが、機内の服装としてはお勧めできません。最近は多少伸縮性のあるものも出ていますが、基本的にかなり身体を締め付けるものが多いですね。素材に伸縮性があっても、座った時のお腹の辺りとか腰回りとか、かなり窮屈なのではないかと思います。

長時間をあまり動かないで過ごす飛行機の中では、ゆったり楽に過ごしたいものですが、それ以上に長時間身体を締め付けていると血液の循環が悪くなってしまいます。

エコノミー症候群にならないためには、時々身体を動かすことが重要ですが、窮屈なジーンズを着ていると、狭い座席で動かすのもままならず・・・

というわけで、できるだけ身体をゆったり包む伸縮性のあるズボンや、女性なら長めのスカート、ウエストがゴムやひもで調節できるタイプのものなど、普通はダイエットの敵と言われる身体を甘やかすタイプがお勧めです。

また、飛行機の中はもちろん空調が効いているのですが、暑かったり寒かったりすることが良くあります。もちろん体調にもよるのですが。

私も一度、ヨーロッパから日本への便で、ものすごく寒かったことがありました。しかも私の席は、ちょうど空調の風が吹き付ける場所だったんですよね。ホント、あれは寒かったな・・・

というわけで、調整できる服装を心掛けると良いと思います。Tシャツにスウェットとか、寒がりの人ならちょっと厚手のものを用意しましょう。旅行先でも、一枚は暖かい羽織物があると便利なことが多いですよ。

毛布は配られますが、かなり薄手のアクリルか何かのあまり暖かいものではありません。足りなければ追加で頼むこともできますが、数に限りがあってもらえないこともあります。

スポンサードリンク

飛行機内でも靴はそのまま?

機内では、足元も寒くなることが結構多いです。何しろ、飛行機の外はマイナス数十度の世界です。客室は空調が効いていますが、足元からじわ~っと寒さが感じられることがあります。

それに靴をそのまま履いているのではくつろげないので、飛行機が離陸して水平飛行に入ったら、靴を脱いでスリッパなどに履き替えることをお勧めします。その時に、少し厚めの靴下をはくと足元ポカポカです。

スカートの場合は、長めの靴下を持って行くと良いですね(室内用のフリース長靴下のような脚を締め付けないもの)。

長時間飛行機で座ったままでいると、段々足がむくんできます。到着が近いから靴を履こうと思ったら、靴に足が入らない!なんていうことになりかねません。

気が付いたら足を動かすようにすると、だいぶ違います。と同時に、エコノミー症候群の予防にもなります。足首を曲げたり伸ばしたりという単純な運動ですが、とっても大事ですよ!

まとめ

飛行機の中ではどうせ寝てしまうし誰も見ないだろうからどんな格好でもOK、ですが、それでも自分の家にいるわけではないので、ある程度の節度は必要ですね。よれよれのジャージにビーサンなどは、やっぱり考えた方が良いかもしれません(もっともよれよれの服を海外旅行に持って行く人はいないかも)。

到着地で仕事での重要人物が迎えに来ているからある程度きれいな格好でいたいとか(海外出張の場合の服装についてはこちら)、機内では思いっきりリラックスしたいけれどその格好で外を歩きたくない、というような場合には、飛行機を降りてから空港の化粧室で着替えると良いと思います(女性ならついでにお化粧も)。もちろん服は機内に持ち込むことになりますね(出発時は、搭乗前に空港の化粧室で着替えます)。

また、到着地が常夏の国でも、飛行機の中は寒いことがあるので注意してくださいね。

機内ではゆったりと暖かく過ごせる服装を用意しましょう。

***

歯磨きはどうしよう?という方はこちらへ!

海外旅行の便利情報をいろいろと書いています。こちらのページからどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.