手作りのアドベントキャンドルでクリスマスを待つってロマンチック!

手作りのアドベントクランツ クリスマスキャンドル
クリスマスにはキャンドルがつきものですね。

欧米では(特にドイツでは)、キャンドルは第一アドベント(クリスマスの4週前の日曜日)から灯すという習慣があります。

ドイツ語で「アドベントクランツ」というのですが、なかなかにロマンチックだし、クリスマスに向けて気持ちが盛り上がって行く、暗くて寒い時期を過ごすステキな習慣です。

このアドベントクランツ、英語ではアドベントリースなどと呼びますが、自分で作れるんですよ。

今回は簡単に作れる輪にしない「アドベントクランツ」の作り方です。

スポンサードリンク

手作りのクリスマスキャンドルの材料

ドイツ語のクランツは「花輪」の意味で、昔ながらのアドベントクランツは輪になっていて、そこにロウソクが4つ立ててあります。

でも自分で作るとなると、輪の形に作るのはなかなか大変です。

そこで簡単な「お皿に盛りつける」だけの、クリスマスリースの作り方をご紹介します。

用意するのは、大きいろうそく4本と、そのロウソクが載る大きさのお皿。

お皿はろうそくが倒れないように、平らなものが良いですね。

今回私が用意したのは、丸型のピンクのろうそく4本と、通称さんま皿(約30cm)です。

飾りは、常緑樹と赤やオレンジの実、松ぼっくり。

アドベントクランツの作り方

作り方、なんて大袈裟に言うほどでもないんですけれど・・・

だって、ろうそくを置いて、葉っぱや実を飾るだけなので。

まずお皿にロウソクを置きます。

常緑樹の枝を少し小さめに切ります。

スポンサードリンク

お皿の上に常緑樹を置いていきます。ろうそくの間にも。常緑樹が何種類かある場合には、バランスを考えて。

どんどん置いていきます。お皿が見えないくらい、こんもりと。

葉っぱの上に、オレンジや赤い実を置いていきます。
木の実が入ると、俄然クリスマスっぽくなりますね。

仕上げに松ぼっくりを飾ります。

今回は大きめの松ぼっくりが手に入ったので、3つだけ。
小さい松ぼっくりだったら、もっとあった方が良いかもしれないですね。

横から見るとこんな感じです。

アドベントクランツのキャンドルに火を付けるのは第1アドベントから

アドベントクランツが出来上がると、キャンドルに火を付けたくなりますが、ちょっと待ってね!

アドベントは、クリスマスの4週前の日曜日から始まります(第一アドベント)。この日に火を付けるキャンドルは1本です。

次の日曜日(第2アドベント)に1本目と2本目のキャンドル、第3アドベントには3本のキャンドルに火を付けます。

もちろん第4アドベントになると、4本全部のキャンドルに火を付けることになります。

4本全部のろうそくに灯がともると、クリスマスはもうすぐですね。

私のアドベントクランツも、第1アドベントを待って火を付けることにします。というわけで、火を付けたアドベントクランツはロマンチックで素敵ですが、今は写真をアップできません。

アドベントに入ったら、火のついている写真をアップするかもしれません。

みなさんも早目にアドベントクランツを作って、火を灯しながらクリスマスを待ってみませんか?

アドベントクランツの詳しいことはこちらをどうぞ。

********

スポンサードリンク
This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.