バレンタインデー 職場での本命チョコレートの渡し方は?

sozai_5566

職場で気になっている彼。

バレンタインデーにチョコレートをあげたいけれど、ちょっと迷いますね。

どうしたら良いでしょう?

スポンサードリンク

職場の本命にチョコレートをどうやって渡す?

それでなくても、自分から告白するのは勇気が要ることです。

ましてやそれが同じ職場の人であるなら、迷うのは当然ですね。

仕事での接点が多い人であればあるほど、どうしようか躊躇してしまいますね。

もし何かでこじれてしまって、後々仕事がしずらくなったりするとお互いに困ってしまいます。

でもバレンタインデーは、自分の気持ちを伝えるのに絶好のチャンスです。

何もしないのはもったいないです。

あなたが、「すぐに白黒をつけたい」のか、「自分の気持ちを何となくわかって欲しい」のかでも、変わってきますね。

職場の恋愛は周りの目もあるし、思うような結果が得られなかった場合にも、ずっと顔を合わせることになりますので、なかなか難しいところがあります。

相手もこちらを気に入っていることがほぼ確実な場合は、白黒つけるのも悪くないですね。

でも相手の気持ちが全く分からない場合には、とりあえず親しくなるきっかけ、こちらの気持ちに何となく気付いてもらうチャンスと考えたらいかがでしょうか?

sozai_45091

バレンタインデーのチョコレートで告白をする時は?

バレンタインデーのチャンスを利用して、相手の気持ちをはっきり聞きたい、告白する!と決めた場合、どうするのが良いでしょうか?

職場では、とにかく他の人の目に触れないように、他の人に気付かれないようにしたいですね。

もちろん「呼び出す」というのが、一番積極的できっぱりしていて、間違いなく1対1でチョコレートを渡せる方法ですね。

でもそれだけの度胸があれば、何もバレンタインデーまで待たなくても良いような気もします(バレンタインデー以外の日に告白しちゃいけない決まりはないんですから)。

呼び出すのに「お昼を一緒に食べませんか?」とか、「仕事の後、お茶に行きませんか?」はちょっといきなりすぎるでしょうか。バレンタインデーの当日だったら、誘われた瞬間に相手はその意味に気付くことになりますね。

食事やお茶に誘うのが無理なら、「ちょっと手伝ってもらえますか?」と仕事の振りをして会議室や階段の踊り場に誘い出すなどが考えられますが、(会社にもよるかもしれませんが)誰にも見られず、知られずにできるか疑問です。営業部門などで、昼間は人がほとんどいなくなるような部署なら可能かもしれませんね。

呼び出さないで、とにかく本命チョコレートを渡すのなら、朝早く職場に行って、他の同僚が来る前に彼の机の上に置くのがスマートかと思います。

朝、自分の机の上に載っているチョコレートを発見するのは、なかなか心がときめくものではないでしょうか?もちろん、(たぶん他にもあるだろう)義理チョコとははっきり区別がつく、ステキな包装をしておくこと!

そして忘れてはいけないのがカードですね。ストレートに愛を告白しても良いし、自分のメールアドレスを書いて「メールをもらえたら嬉しいです♡」などと書いておきましょう。もちろん自分の名前を忘れないようにね。

同じ部署の男性全員に義理チョコを渡す場合、彼だけ特別なものだとバレバレになりますね。その場合は義理チョコと同じ包装にします。中身だけ変えるわけですね。それが無理だったら、彼にも義理チョコを渡して、中に「本命チョコは後で」などと小さなカードを入れておきましょう。


スポンサードリンク

バレンタインをきっかけにしたい場合は?

彼の気持ちが全然わからなくて、告白する勇気がない場合は、バレンタインデーを親しくなるきっかけとして利用しましょう。

この場合は、チョコレートを義理チョコとして渡します。

たかが500円位の義理チョコでも、プレゼントというのは不思議な力があって、それで何となく距離が近くなったりするんですね。

チョコレートのことで、話すきっかけが増えるかもしれないですね。

バレンタインデーに何も渡さなければ、その後のホワイトデーには何もないということになります。バレンタインデーに「義理」でも渡しておけば、ひと月後に「義理」が返ってくるか、もしかすると「びっくり♡」が返ってくるかもしれません。

彼があなたに好意を持っているのなら、バレンタインの義理チョコは、ホワイトデーにあなたにプレゼントを渡しやすくする役目をしてくれます。

ひと月後が楽しみ(もしかして心配かも)ですね!

まとめ

今年のバレンタインデーが、あなたにとって「ハッピー・バレンタインデー」になりますように!

バレンタインデー 職場の義理チョコはあげる?予算は?あげ方は?

バレンタインには自分にご褒美チョコをプレゼントしよう!

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.