手作りの壁掛け式のクリスマスツリー、場所も取らないし簡単きれい!

手作り壁掛け式クリスマスツリー

日が短くなってくると電飾が目を引くようになってきます。家の中にも、キラキラするものや光るものを置いておくと、明るい気分になりますね。

そしてもちろん冬のイルミネーションと言えば、クリスマスの飾りです。

今回ご紹介するのは、自分で作る壁掛け式のクリスマスツリーです。場所も取らないので、「クリスマスツリーを置く場所がない」という場合にもOKだし、ペットの手の届かないところに飾ることもできます。

スポンサードリンク

手作り壁掛けクリスマスツリーの材料

材料は、木の枝5~6本。同じ木の枝でも良いですが、いろいろな種類にすると変化が出て面白いものが出来上がります。私はわざわざ木の種類も太さも違うものを選びました(拾ってきました)。

吊り下げるひもは今回ビニールの白にしましたが(壁が白なので目立たないように)、シュロなどの自然な材質のひもでもすてきです。

飾りは、自分の好きなものを選んでください。枝から星をぶら下げるとか、きれいな色のリボンをたくさん結び付けるとか。私は手持ちの飾りを使いましたが、クリスマスが近づくにつれて、飾りは増えて行くと思います。

ツリーのてっぺんは、プラスチックの星にしました(スイッチを入れると派手に光ります)。

手作り壁掛けクリスマスツリーの作り方

床やテーブルに置いてみて、出来上がりをイメージします。余裕を持って、ひもを切ります。

***

ひもの真ん中をてっぺんの星に付けて、ひもを枝に縛り付けて行きます。簡単なひと結びにしておくと、後でバランスが悪かった時などの調整が簡単です。

***

枝を結び付けるたびに吊り下げてみて、ひもの長さとバランスを見ます。

***

5本の枝全部にひもを縛りつけたところで、吊り下げてみてバランスを見ます。

OKならひもが動かないように、透明な接着剤でひもの部分を留めても良いと思います(私はそのまま)。

***

クリスマス用の飾りでこんなものがありました。ひもに星やビーズが通してあるものです。

枝に巻き付けました。

***

クリスマスカラーのひとつ、緑色のリボンを枝に巻き付けました。

その上から、金色の巻き毛のような(「天使の髪」などの名前で売っている)キラキラを巻きつけました。

***

ラメでキラキラした小さな星を見つけました。

紙製なので、針で糸を通しました(気を付けないと糸が絡まってしまいます・・・)。

枝に巻き付けたらこんな感じに。けっこうかわいい・・・!

***

装飾すると、こんな感じになっていきます(これから飾りが増える予定)。

スポンサードリンク

手作り壁掛けクリスマスツリー 電飾を付けると華やかにクリスマスっぽく!

豆電球のついた飾りがあったので枝に巻き付けてみました。

***

やっぱり光るとクリスマスっぽくなりますね。全部の枝に付けてもきれいかも!

まとめ

クリスマスはきれいに部屋を飾りたいですね。でもあまりお金はかけたくないし、部屋も狭いし・・・

でもこれだったら、枝はその辺から集めてきたものだし、飾りのひもなども100均でいくつか買って来れば、かわいいものが作れますよ!

***

棚の上などに小さな手作りクリスマスツリーを飾りたいなら、こちらを参考にどうぞ。

テーブルデコレーションにナプキンでクリスマスツリーを折るなら、こちらを参考にどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.