室内の熱中症予防の飲み物はスポーツドリンク?麦茶が良い?手作り経口補水液は?

気温が高くなってくると、熱中症が気になりますね。最近では室内での熱中症が良く話題になります。

あまり外出しないで室内で過ごす場合に、どのような飲み物を飲んだら熱中症を防ぐことができるのか考えてみました。

スポンサードリンク

室内の熱中症対策の飲み物としてスポーツドリンクは適しているか?

熱中症というと、気温の高い日に外で発症するイメージがありますが、室内でも良く発生しています。室内だからといって、安心していてはいけないんですね。

熱中症の予防には、気温(室温)や湿度の調整が大切ですが、もう一つ大事なのが「水分の補給」です。

ただの水では「水分」だけなので、スポーツドリンクが良いという話しは良く耳にしますが、本当でしょうか?

本当でもあり、本当でもない、ということになると思います。

スポーツドリンクはその名の通り「スポーツ」をしている時、「スポーツ」の後に飲むと良い成分が含まれています。その中には、熱中症に良いとされている成分と共通するものもありますが、糖分も多く含まれています。

特に激しく身体を動かすわけでもなく、室内にいて水分を補給するということなら、スポーツドリンクを飲む必要はないし、たくさん飲むと糖分の摂りすぎになります。

室内であまり動かない状態なら、特別なものを飲まなくても、その時に飲みたいものを飲めば良いのではないかと思います。ただし、「甘い物が大好き」で、た~っぷりお砂糖の入ったコーヒーとか、ジュースとか、そんなものばかりを飲んでいてはもちろんダメですね。基本は「水」ということになるのではないかと思います。

熱中症予防の飲み物に麦茶がお勧めな理由

夏になると冷蔵庫にいつでも「麦茶」が冷えている家庭は多いと思います。この麦茶は、やはりすぐれものなのですね。

もちろん栄養満点なわけではありませんが、夏バテなどに効果があると言われているカリウムやリンなどのミネラルがごく少量ですが含まれています。ただ本当に微量なので、夏バテ防止に麦茶が効く、と言える量ではありません。

麦茶の良いところは、カフェインが含まれず、飲みやすく飽きない(好みにもよりますが)、味の調整もしやすい、というところではないでしょうか。

激しい運動をしない状態で、食事を普通に摂っているのであれば、夏場の水分補給にはただの水でも良いのですが、水をがぶがぶ飲むのは味気ない、という時に麦茶は打って付けだということです。

カフェインが含まれないというのはとても重要で、コーヒーや紅茶などはお砂糖を入れなくてカロリー的にはOKでも、カフェインの利尿作用が暑い時期(それでなくても汗をたくさんかく)にはあまり良くないんですね。お茶にはたいていカフェインが入っているので、水分補給目的にたくさん摂りたい飲み物としては、適しているとは言えないんです。

麦茶は「お茶」という名前になっていますが、お茶の葉は使われていないので、カフェインも含まれていないんです。

また麦茶には、お砂糖とか少しの塩を入れても、おいしく飲めます。炎天下の外から大汗をかいて帰って来たというような場合には、お砂糖や塩を少し入れて飲むとスポーツドリンクや「経口補水液」の代用にもなります。


スポンサードリンク

熱中症対策のための手作り経口補水液

室内の熱中症予防のための飲み物として麦茶をお勧めしていますが、あくまでも「水分補給」というのが目的です。

もし体に力が入らない、少しクラクラするなどの熱中症の初期症状が出てしまったら、水分補給だけでは足りません。

そんな時のために「経口補水液」を1本、常備しておくと良いのではないかと思います。脱水症状のために作られた、「飲む点滴」などと呼ばれているものです。熱中症の症状が出たら、とにかくなるべく早く「経口補水液」を飲むようにしましょう。他の飲み物、食べ物よりも吸収が早く、脱水症状を素早く改善してくれます。

この「経口補水液」は、自宅で作ることもできます。もちろん市販のものとまったく同じではないし、レシピもいろいろなのですが(と言っても、入れるのは水と砂糖と塩だけです)。

世界保健機関(WHO)が紹介しているのは、「1ℓの水に小さじ半分の塩と小さじすり切り6杯の砂糖」となっています。

WHOのコレラの記事に、経口補水液がない場合の家庭で作れる代用として紹介されています。

まとめ

室内でも怖い「熱中症」、暑い季節になったら気を付けたいですね。

とにかく水分を十分に摂ることです。汗をかくのがイヤだからあまり飲まない、なんて考えないでくださいね。汗は暑くなれば(水分を摂る摂らないにかかわらず)かくわけで、水分を補給しなければ、汗の分が身体から少なくなって脱水状態になってしまいます。そして熱中症にまっしぐらですよ。

そしていざという時のために、経口補水液の用意をしておきましょう。これは食中毒で下痢をした時などの水分補給にも役立ちます。

水分補給に気を付けて、元気に暑い時期を乗り切りたいですね!

部屋の気温を上げないための工夫はこちらを参考にどうぞ。

室内で熱中症が起きやすい場所は?こちらを参考にどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.