雨の日のくせ毛対策はどうする?髪型のアレンジで勝負する?

雨の日には勝手にクルクル、ウネウネしてしまうくせ毛・・・ちょっと困ってしまいますね。特に梅雨時になると、憂鬱になってしまいます。

どうにかできないものでしょうか・・・?

スポンサードリンク

雨の日にひどくなるくせ毛対策の最強は?

最強は、ストレートパーマか縮毛矯正をすることでしょう。

これなら毎朝出掛ける前に髪と格闘をする、ということが避けられます。

当然効果は長持ちしますが、永遠に効果があるわけではありません。ストレートパーマか縮毛矯正では、縮毛矯正の方が長持ちすることが多いようです。

また、薬剤を使うので、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことがあります。ストレートパーマの方が薬剤は弱いということで、薬剤によるダメージをなるべく避けたいならストレートパーマの方が良いようですね。

どちらも髪質にもよりますし、肌が弱い場合には、そう頻繁にというわけにはいきません。お金もかかりますしね。

梅雨の前にストレートパーマか縮毛矯正をして、それ以外の季節は他の方法を使う、ということもできますね。

髪があまり長くないなら、美容師さんに相談して切ってもらうということもできます。美容師さんの腕次第でもあるし、かなり縮れたくせ毛の場合には難しいかもしれません。

雨の日のくせ毛対策にはこれを使う

ワックスやスプレーを使う方法です。

出掛ける前に、ヘアアイロンなどで伸ばしたり形を付けても、外に出て湿気に当たればそれまでです。

雨の日や梅雨時には、出掛ける前にワックスを付けて、スプレーもかければかなり長持ちします。

髪が乾いた状態で出掛ければ、外に出たとたん、髪は湿気を帯びたり濡れたりして、それまでの苦労が水の泡です。出掛ける前に、ワックスをしておけばすでに髪は濡れているのと同じような状態になっているので、湿気や雨で変化してしまうことはほとんどありません。ワックスを付けて、これならオッケーと言う形に持って行きます。

人気のあるスタイリングワックス【楽天】

短い髪の場合には、ワックスとスプレー両方使うと最強です。

長い髪の場合には、ワックスは全体的に使うのではなく、気になるところだけの方が良いと思います。全体的に使っても良いですが、ちょっと重く感じてしまうかもしれません。

それよりもスプレーが活躍してくれそうです。スプレーは、髪を整えて外側からかけるというのが一般的かもしれませんが、内側からもスプレーすると、長持ちしますよ。すごく単純に言えば、外側だけだと髪の半分にしかスプレーが当たらないのを、内側からもスプレーすることで、髪にまんべんなくスプレーを行き渡らせることができる、ということです。


スポンサードリンク

くせ毛対策は髪型で勝負

ストレートパーマも縮毛矯正もやりたくないし、ワックスとかスプレーはベトベトしそうでイヤだな、という人は髪型で勝負です。

髪の短い人は、更に短くするくらいしかありませんが(すみません)。

髪の長い人は、まとめる、しばる、編む、抑える、クルリンパする、ですね。

最近はやっている編み込みやクルリンパは、ストレートヘアよりもくせ毛の方が、ボリュームも出て自然に仕上がって素敵ですよね。

ひとつにしばってクルリンパして、前髪はカチューシャ(いろいろなものが出ていますが、ギザギザの滑り止めのついたものがお勧め。細いものなら目立ちません)で留めて、簡単だけどとってもおしゃれで素敵です。雨の日のくせ毛対策だなんて、誰も思いませんね。

動画もたくさん出ています。「髪 アレンジ 雨の日」などで検索してみると良いと思います。

たとえばこんなの。

まとめ

私はアレルギー持ちだということもあって、パーマをかけたりすることもワックスなどを使うことも、なるべく避けるようにしています。私と同じような人は、髪型で勝負ですね!

くせ毛が歳とともにストレートになるというのは、まずないと思います(逆はありますよ。私はずっとストレートでしたが、歳と共に大きなウェーブが出るようになりました)。

上手にくせ毛とつきあっていく方法を見つけて、雨の時もなるべくストレスなく過ごしたいものですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.