日光に当たるとボツボツができてかゆい!原因と対処法は?

日光に当たるとボツボツができてかゆい!・・・なんていう経験はありませんか?

太陽の光でアレルギーを起こすなんていうことがあるんでしょうか?それとも・・・?

スポンサードリンク

日光に当たるとブツブツができるのはどうして?

日光に当たって、当たった部分にブツブツができて痒くなったら、やはり一番に考えられるのは「日光アレルギー」とか「紫外線アレルギー」と呼ばれる、日光に対してのアレルギーの可能性が高いと思います。

日光アレルギーも人によって様々で、ブツブツが出る場所や症状、出るタイミングにもいろいろあるようです。

一番一般的なのが、日光に当たってそんなに時間を置かずに赤いブツブツが出て痒い、というものだと思います。

日光に当たった部分全部に出るわけではなく、場所によって出たり出なかったりもします。

私の場合は、いつも外に出ている部分(顔とか手)は耐性があるのかほとんど出ません。いつもは服で隠れているような部分に太陽が当たると、ブツブツが出てくることが多いです。

私とは違って、顔が一番出やすいという人もいるので、本当に人様々ですね。

ボツボツの発疹が出るタイミングも、いろいろあるようです。

私の場合は日光に当たってすぐに出るわけではなくて、少し時間がたってから出てきます。

人によっては、日光に当たってすぐにボツボツが出て、翌日の朝には治っているという人もいます。これも人それぞれですね。

共通するのは、もちろん日光に当たると出てくるアレルギー、という点です。

日光アレルギーや対処法については、こちらに詳しく書いています。

単なる日焼け、という場合もあると思います。日焼けは「やけど」なので、小さな水ぶくれ(ひどい時には大きな水ぶくれ)ができる時もあります。

日光に当たってブツブツが出る原因のいろいろ

外に出て服などで覆われていない部分が痒くなると、日光アレルギーの可能性があるわけですが、他にも考えられることがあります。

たとえば、花粉症皮膚炎です。

その名前の通り、花粉が原因で肌に炎症を起こします。こちらも花粉が触れたところ(服などに覆われていない部分)に炎症を起こすのが日光アレルギーと共通しています。

接触性皮膚炎の可能性もあります。

何かアレルギーを起こすものに触れることで、症状が出てきます。たとえばウルシに代表されるような植物などがありますが、気を付けたいのはクリームや日焼け止めなどです。

私はかなりのアレルギー体質で、日焼け止めクリームなどでも炎症を起こしてしまうことが多いです。

日焼け止めクリームに炎症を起こしているのか、クリームに太陽が当たることで何かが肌に影響を及ぼすのか、単に太陽光線にアレルギーがあるのか・・・これもなかなか見極めるのがたいへんです。アレルギー持ちはツライ・・・

私が強い太陽光線でボツボツを発症するのが「日光アレルギー」であるのは、炎症を起こした部分をよく観察するとわかります。日光に当たった部分が、「ちゃんと」炎症を起こすからです。

たとえばビーチサンダルを履いていたとすると、日焼け止めクリームは足の甲全体に塗っているわけですが、炎症はキッチリ、ビーチサンダルの鼻緒の部分を残して出てくるんです。日焼け止めクリームを塗らなくても同じです。

水着のあとも、きっちりかっきり水着の形を残して炎症が出ます。面白いくらいです。かゆいけど。

私のようにはっきりわかる場合は良いですが、そうでない場合にはまず何が原因なのかしっかりと見極めるのが大事になりますね。


スポンサードリンク

日に当たってボツボツが出た時の対処法

日に当たってボツボツが出た時には、原因は何であれ肌に付いているものを洗い流しましょう。

何かが肌に触れて起きたとしても(接触性アレルギー)、日焼け止めクリームが合わなかったとしても、花粉が原因だったとしても、とにかくまずは肌を洗って原因になっているものを取り除き、清潔にするのが一番です。

熱を持っている場合には冷やすと良いですね。日焼けでブツブツが出た場合にも冷やすのは有効ですし(やけどの時と同じです)、アレルギーの場合では気持ち良くて痒みも和らぎます。

そして大事なのは、このブツブツはいったい何が原因でできたのだ!?ということを究明することですね。

私の場合のように、炎症を良く見ればわかることがたくさんあると思います。

たいていのアレルギーの炎症や日焼け、接触性皮膚炎は、何もしなくてもそんなに長くかからずに良くなる場合がほとんどです。

でもブツブツの出方が尋常じゃないとか、痒くて我慢できないとか、熱が出てきたとか、何日かたっても一向に良くならない、という場合にはやはり皮膚科に行くことをお勧めします。
 

まとめ

お日様に当たった後のボツボツは、ちゃんと原因を見つけたいですね。

そうでないと、また同じことが起きてしまうかもしれません。

原因がわかっていれば、対応も取れるというものです。

そして太陽の元、何も心配のない状態で、思いっきり羽を広げてくださいね!

日光アレルギーの症状は?予防法は?お勧め日焼け止めクリームは?

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.