雪の日はどんな靴を履く?滑りにくくてあたたかいのは?

いきなりの雪!きれいなのは良いけれど、どうやって出掛けよう?!

あったかく着込むとして、問題は足元ですね。どんな靴を履いて出掛ければ良いでしょう。

スポンサードリンク

雪の日にはどんな靴を履く?

雪が頻繁に降る地方なら、当然雪用のブーツを買って、暖かく且つ滑らないように、万全の体制に(たぶん冬が来る前から)なっているのではないかと思います。

でも1年に1度降るか降らないかの地方だと、雪用の靴を用意するのはもったいない気がしますよね。それに急に雪が降った場合には、買っている時間はないし。どうしましょう?

結論から言えば、レインブーツで良いのではないかと思います。

雪の時の靴と言うと、「滑らない靴」というのが真っ先に頭に浮かびますが、雪用の靴でないのなら滑り具合はどの靴でもそう変わるものではありません。

一番大切なのは、水が染み込まないこと、です。サラサラの新雪の中を歩くなら別ですが、大抵は人に踏まれたりして融け始めていたりしますよね。朝は新雪でも、帰る時にはベチョベチョになっていることが多いでしょう。

靴の中が濡れてしまうと乾かすのはなかなか大変です。おまけに雪の日というのは当然気温が低いわけで、濡れた靴の中はたちまち冷たくなって、履いているのが辛くなるという悲惨なことに・・・

レインブーツを持っていないなら、持っている靴の中から耐水性のあるものを選びましょう。結局雨の日に履く靴、ということになりますね。

雪の日に滑りにくい靴は?

濡れるのもイヤだけど、滑って転びたくもない!と思いますよね。

レインブーツはたいてい滑りにくく作られています。その点でも優れものです。雨に濡れた道路も滑りやすいので、まあ当然ですね。

レインブーツを持っていない場合、濡れないというのをクリアする靴が何足かあるなら、靴底があまり固くないものの方が良いですね。固いと滑りやすくなります。生ゴム底の靴があるなら、それにすると良いかもしれません。

靴底に凹凸がたくさんある方が滑りにくいですが、溝にだんだん雪が詰まって結局は凹凸は関係ない、なんていうこともあります。

絶対避けたいのは底がツルツルの靴です。革底のものは、滑りやすいです。

雪の日に転ばないためには、もちろん靴も大切なのですが、もっと重要なのは歩き方です。良く言われる「ペンギン歩き」です。歩幅を小さく、体重を前にかけて歩くようにすると滑りにくいですよ。


スポンサードリンク

雪の日用の靴を用意しておく

いざという時の為に、雪の日用の靴を買っておくというのも手です。

スノーブーツには、滑り止めのスパイクのような突起が付いているものがありますが、これは雪や氷の上では滑りにくいけれど、駅構内のタイルや舗装道路など硬い場所を歩く時には逆に滑りやすくなります。柔らかい木の床などでは、傷つけてしまう心配もあります。中にはスパイクが収納できるものもありますので、いろいろ見てみましょう。

靴に付ける滑り止めもありますが、こちらも駅や建物に入る時には外さないと滑ってしまう危険があります。

どんな場所を歩くのか、雪の日はどんな状況になるのか、よく考えてから選んでくださいね。

スノーブーツ売れ筋ランキング【楽天】

まとめ

*雪の日の靴の第一候補は、レインブーツです。靴の中が濡れないことが大事。

*滑りにくいのは、靴底がやわらかいもの。

*スノーブーツのスパイクにはご用心!

私は1足スノーブーツを持っています(スパイクなし)。雪がほとんど降らなくて使わない年もありますが、雪が降っても憂鬱にならないので重宝しています。

雪の日にはそんなにおしゃれにも構っていられないので、毎年同じスノーブーツでもOK!とにかく暖かくて滑りにくい、というのが重要ですからね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.