ジャックオランタンのカボチャの種類は?オレンジ色じゃなきゃだめ?

年々、ハロウィンの飾りつけや仮装などが定着しつつある日本。

ハロウィンの飾りと言えば、やはりカボチャのランタン「ジャックオランタン」ですね。

日本では冬至にカボチャを食べて、あちらではハロウィンにカボチャを飾る。カボチャには不思議な力があるのかも!

スポンサードリンク

ジャックオランタンを作る時のカボチャの種類は?

ハロウィンに登場するカボチャは、たいていオレンジ色です。

日本で私たちが普段食べるカボチャは、たいてい深緑色ですよね。

ハロウィンで飾りに使われるカボチャは、たいていは観賞用の種類で食用ではないんですね。

私がジャックオランタンを作ったのも、観賞用のぺポカボチャ(「おもちゃかぼちゃ」と呼ばれることもあります)です。

最近は観賞用のかぼちゃを見かけることも多くなりましたが、やはり主役は食用の深緑のかぼちゃですね。

でも私がぺポカボチャでジャックオランタンを作ったように、別にオレンジ色でなくても良いんじゃないかなと思うんです。

というのは、観賞用のかぼちゃは小さいものが多くて、私が使ったものも直径10cm位でした。それはそれでかわいいのですが、なかなかちょうどジャックオランタンに良い大きさの観賞用かぼちゃは見つからないかもしれません。

私たちに一番馴染みのある「えびす」などは、形も整っているし、色が深緑なだけで、ランタンを作ったらきれいなのができる気がします。


スポンサードリンク

オレンジ色のジャックオランタンを作りたいなら

日本で手に入るオレンジ色で、しかも形がきれいなカボチャと言えば、何と言っても「赤皮栗かぼちゃ」です。

その名の通り、皮が赤い(オレンジ色)でとてもきれいなカボチャです。

地域によっては手に入りにくいかもしれません。加賀野菜の一種だということですが、年々全国区になって来ているようです。

このカボチャ、全国区になる前に世界進出を果たしたようで、ドイツなどで「北海道」と呼ばれているオレンジ色のかぼちゃは、この赤皮栗カボチャのようです。他のカボチャよりも圧倒的においしいので、年々すごい勢いで流通量が増えています。

あ、話しが逸れました。

その世界的に有名なカボチャ「赤皮栗カボチャ」が、色と言い(輝く鮮やかなオレンジ色)、形と言い(「えびす」より球に近い)、ジャックオランタンを作るにはぴったりだと思います。

ただ作っているうちに、スープにしたらおいしいのになあ、なんて進路変更してしまうかもしれませんが。

ちなみにこの簡単かぼちゃスープは、この赤皮栗カボチャで作りました。

ジャックオランタン用のカボチャを自分で育てる!

カボチャのランタンを作るのに向いているカボチャがなかなか手に入らないなら、自分で種から作っちゃおう、なんていうこともできますね。

この場合には、ハロウィンよりはるか前から準備をしなければいけませんが。

【楽天】赤皮かぼちゃのタネ

【楽天】おもちゃカボチャのタネ

かわいいジャックオランタンを飾って、楽しいハロウィンにしましょうね!

ジャックオランタンの作り方はこちら

ハロウィンの簡単かぼちゃスープの作り方はこちら

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.