会議中に襲ってくる眠気を覚ます対処法と会議前にできること!

会議の時に眠くなる・・・あってはいけないとわかっているけれど、眠くなる。会議中はなかなか席をはずせないし、眠気覚ましの体操を始めるわけにもいきません。

休憩時間には、外に出て新鮮な空気を吸って、トイレで顔を洗って・・・などができますが、会議中はどうしたら良いでしょう?

スポンサードリンク

会議中に眠くなるのをどうにかしたい!

眠い時には寝るのが一番良いのですが、会議となるとそうはいきませんね。
(眠い時にしゃっきりする方法をこちらに書いています。参考にどうぞ)。

優等生的な回答をするなら、「会議に積極的に臨んでいれば眠くなるわけがない」ということになります。

*積極的に発言をする
*積極的に質問をする
*会議を仕切ってしまう
*議事録担当に名乗り出る

でも、この記事を読む人はたぶんそういう回答を期待していない気がします(ですよね)。

とは言え、会議なので(ダラダラ無駄に時間をかけていることもままあるにしても)、一応必要だから出席しているわけで、会議の内容になるべく積極的になるという心構えは大切ではありますよね。会議の前に、いろいろと自分で下調べをしていれば興味が湧いて、理解力も深まり、結果眠くならないということはあると思います。

眠気を覚ますために、みんなの注目を浴びるというのも方法です。自分の意見や疑問点を発言するのはハードルが高いですが、「良く聞こえなかったので、もう一度言っていただけますか」などと言うだけでも緊張するので、眠気が飛びますよ。

眠い時にはとにかく身体のどこかを動かすと良いのですが、会議中ではなかなかそれもできません。動かして目立たないところ(動かしても会議に参加しているように見える)というと、やはり「手」ということになります。最近の会議はPCを持って参加することが多いと思いますが、できれば紙と鉛筆(ペン)で「字を書く」とあまり眠くならないですよ。字でなくても、グラフでも表でも何でもとにかく「書く」。

もちろん優等生的には、会議の内容をメモったりするのが良いですが、眠気覚ましが目的であれば、書くことは何でも良いということになります。PCの場合には、自分のブログを書いちゃうとか・・・もちろんお勧めはしませんよ!

会議中の眠気をどうにか覚ます対処法

眠気覚ましにはいろいろな方法がありますが、人によって効果のあるものは違うので、試してみるしかないですね。自分に合った方法を見つけてください。もちろん古典的な手やほっぺをつねる方法で眠気が飛んでしまう人もいるかもしれません。

*深呼吸をする
深呼吸ってとにかく良いんですよ。眠気覚ましでなくても、深呼吸は時々してみると良いと思うのですが、眠気を覚ますのに効果があることもあります。鼻からゆっくり息を吸って口からゆっくり吐き出すのですが、重要なのは息をすっかり吐き切ることです。

*飲み物を準備する
眠気を覚ますのに温かい飲み物が良いと言う人と、冷たい飲み物の方が良いという人がいます。カフェインの入ったコーヒーなどの温かい飲み物が一般的でしょう。

*冷たい飲み物と強いミントの飴などの組み合わせ
ミントは眠気を覚ましてくれますが、これに冷たい飲み物を加えると刺激が強まります。

*何かを食べたりなめたりする
口を動かしていると眠くならないので、ガムを噛んだり、飴をなめたりするのは有効なことが多いのですが、気を付けたいのは「匂い」です。ガムや飴など、普段はあまり気にしませんが、結構香料を使っているものが多いので、密室の会議室などでは匂いが周りに漂ってしまうことがあります。会議中に何かを口に入れているのはあまり印象が良くないので、周りにわからないようなものを選びましょう。もちろん口の動かし方も気を付けて!

*手のひらや指先をマッサージする
足裏をマッサージすると眠気が飛ぶと言われていますが、会議中に足裏をマッサージするのはなかなか難しいですよね。手の平や指先のマッサージも効くことがあります。指先は爪の付根のあたりをもう片方の手で挟んでマッサージします(爪もみ)。

*足を床から少し浮かす
眠くなりそうになったら、足を床から数センチ浮かせます。結構きついので時間がたつと眠気も覚めてきます。筋トレにもなります。

*椅子に浅く座る
椅子の背もたれにもたれかからないように、浅く座ります。背筋がピンと伸びた状態だと、リラックスできないので眠くなりにくいです。

*興味のあることを考える(妄想する)
眠ってしまうよりはまし、ということで会議と全然関係のないことを考えます。興味のあることを考えていると、眠くならないですからね。週末にはどこに行こうとか、あの映画は誰と観に行こうか、とか。


スポンサードリンク

眠くならないために会議の前にできること

眠くなりそうな会議がある場合には、事前に眠くならないように準備することができます。

眠くなる一番の原因は「寝不足」ですから、重要な会議の前の晩は早く布団にもぐりこみ、十分な睡眠をとっておきましょう。

会議が午後の場合には、お昼休みに「仮眠」を取ると良いと思います。10分くらいの短い昼寝です。長いと眠りが深くなってしまって逆効果になります。

血糖値の変動も眠気に関係してくるので、お昼ご飯は軽めに取るようにします。

カフェインの摂取は眠気防止に効果があると言われていますが、効果が表れるのは摂取後数十分たってからです。コーヒーなどは眠くなってから飲んだのでは遅いということですね。会議前に濃いのを飲んでおきましょう。

まとめ

会議中に眠くならないためには、会議に「積極的に参加」することが一番です(^-^)

なかなかそうもいかない場合には、上に挙げた方法を試してみてくださいね。人によって効く方法は違うので、いろいろ試してみてください。

それとごくまれに、病気が原因で眠気が襲ってくる場合もあります。たとえば、睡眠時無呼吸症候群ですね。

あまりに眠気が強いという場合には、病院に相談してみましょう。

眠い時に試してみると良い方法、仮眠の取り方などはこちらを参考にどうぞ。

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.