ひな祭り一覧

内祝いやお祝いのお返しに手ぬぐいがお勧めのわけは?名入れの注意点は?

お節句や出産などの内祝い、お祝いのちょっとしたお返しに、何を用意したら良いか迷いますね。 値段もいろいろ選べて、工夫もいろいろできる、ステキなものが日本にはありますね。 そう、手ぬぐいです。最近その便利さとおしゃれさが見直されてきています。 手ぬぐいの良いところ、また贈る時に注意したいことなどを考えてみました。

ひな祭りの歌 右大臣は赤い顔?桃の花と春の風?ねえさまは誰?

「うれしいひなまつり」の歌詞についての第2弾です。 ♪灯りをつけましょ・・・・・♪の、サトウハチロー作詞、河村光陽作曲の、誰でも知っているおひな祭りの歌です。 この歌の歌詞の意味、全部理解していますか? そして、ちょっと変なところがあるのに気付いていますか?

雛祭りの歌 お内裏様とお雛様は間違い?

ひな祭りの歌と言えば、♪灯りをつけましょ・・・・・♪の、サトウハチロー作詞、河村光陽作曲の、「うれしいひなまつり」が思い浮かびます。 私は3番まで空で歌えますが、4番はほとんど知らないんです。なぜでしょう? 小学校の時に、3番までしか歌わなかったとか、そういうことかしら。 懐かしい歌だなあ、と歌詞を見ていたら、「???」というところがいくつもあって、調べていたら面白くなってしまいました。

雛人形は何歳まで飾るの?重陽の節句って?いつ何をするの?

桃の節句は、女の子を授かったお宅では、とても華やかな幸せな日になりますね。 お雛さまを飾って、桃の花を飾って、ぼんぼりに灯りをつけて、楽しいひな祭りです。 でも自分の娘のお雛様は飾って、自分の雛人形はどうしたら良いのでしょう? 何歳までお雛様は飾るものなのでしょうか? そういえば、秋に「菊の節句」があるとも聞きます。何をするのでしょう?

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.